オンラインカジノの歴史と特徴

世界中で人気のオンラインカジノ

オンラインカジノは、世界中で人気となっている、ギャンブルゲームの一つです。オンラインカジノは、全世界に約8千万人以上のプレイヤーが存在するとされている、一大エンターテイメントの一つで、非常に市場規模が大きいギャンブルです。
オンラインカジノは、元々歴史があり、親しまれてきた、ラスベガスやマカオにあるような実際のカジノをオンライン上で楽しむ事が出来るギャンブルです。
日本ではまだ馴染みがありませんが、海外では、1994年に登場後、少しずつ進化し、今のような人気となりました。
今では、日本語対応サイトも増えており、日本語サポートが充実しているサイトも増えてきていて、少しずつ日本人プレイヤーの数も増加しています。

オンラインカジノは、その魅力として、楽しみながら、大金を稼げるという魅力があります。
オンラインカジノは、他のギャンブルと比較しても勝ち金が大きく、一夜にして億万長者を目指すことも可能です。
ジャックポットなどの初心者でも勝ちやすいゲームも多く、運だけで大金が手に入る可能性も高いですし、頭脳戦でテクニックを駆使し、ブラックジャックなどで手堅く勝つ方法もあります。
中には年収1千万円以上を安定して稼ぐプレイヤーも存在していて、ギャンブルとしてだけではなく、副業としても魅力を持っているといえるでしょう。
オンラインカジノは、インターネットで出来るというその手軽さから、始める方もとても増えています。

オンラインカジノのペイアウト率の高さ

オンラインカジノは、他のギャンブルと比較しても、圧倒的に高いペイアウト率を誇っています。そのペイアウト率は、約97~98%を保っていて、このペイアウト率は年間固定されています。
他のギャンブルは、競馬、パチンコなどのギャンブルでも、75~80%程度のペイアウト率となっていて、いかにオンラインカジノのペイアウト率が高いかということが分かります。
オンラインカジノのペイアウト率が群を抜いている理由の一つに、オンラインカジノは、無店舗型のギャンブルであり、テナント料や店舗運営費用がかからないという理由があります。
また、オンラインカジノは、人件費がかからず、維持費が少なく済むと言うことから、それだけプレイヤーに儲けを還元することが出来るのです。
オンラインカジノは、その他のギャンブルを行うよりも勝ちやすいので、非常にメリットは大きいといえるでしょう。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノが初めて登場したのは、1994年の頃です。この時期に、イギリス連邦加盟国である、アンティグアが、正式にオンラインカジノの運営業者にライセンスを発行するという法律を可決したことがきっかけです。
今では大手のゲームのソフトウェア会社として知られている、マイクロゲーミング社など、多くのソフトウェア会社が名乗りを上げ、次々と参入する形になりました。そして、今のように、オンラインカジノが大きく成長することになったのです。
その後、1999年には、現在のようなマルチプレイヤーテーブルなどが出来上がり、他のプレイヤーと交流をすることも出来るようになるなど、さらに成長を遂げました。
今でも、成長し続けるオンラインカジノ業界は、有名な企業が運営をしているところがほとんどで、スポーツチームのスポンサーなどを務めているところもあります。

オンラインカジノは、実際のカジノとは違い、歴史は浅いですが、登場した当時には、悪徳サイトがたくさんあり、イカサマサイトもありました。
しかし、今では、クリーンなイメージに保たれており、不正やイカサマもほとんどなく、安全性が確立されているといえるでしょう。

オンラインカジノのイカサマと不正について

オンラインカジノというと、イカサマや不正がたくさんあるのではないかだとか、インチキのサイトが多いのではないかというイメージを持つ方は多いです。
しかし、実際はそうではありません。
オンラインカジノは、政府から正式にライセンスが発行されて運営されている上、さらに第三者である大手の監査機関から、監査を受けています。
これらの監査では、不正がないか、イカサマがないかなどのチェックが入り、さらにプレイヤーにペイアウトがなされているのか、プログラムの改ざんがないかといった監査も行います。
これらの監査を受けていて、これらの監査は第三者機関によって行われているため、安全性と信頼性はほぼ確立されているといえるでしょう。

大手の有名サイトでは、イカサマなどが出来ませんし、仮に不正をした場合、ライセンスが剥奪されてしまいますので、サイトの運営業者が損をしてしまうことになります。
オンラインカジノは、登場した当時には、悪徳サイトやイカサマサイトも多かったのですが、今はこういったサイトも減ってきており、有名なサイトであれば、安全に遊ぶことが出来るようになっています。

オンラインカジノで使いやすい入出金手段

アイウォレットは1度振込を行えば履歴から振込先を選べる

アイウォレットの便利な要素として、過去の履歴を持っている点が挙げられます。履歴を持っていると、様々なサービスに使っていることがわかってきますし、面倒な手続きを減らせる可能性があります。アイウォレットからオンラインカジノへ決済しているなら、履歴から振込先を指定して、そのまま決済する方法も用意されていると思ってください。

振込履歴は常に確認できる情報

どのくらいの金額を入れているのか、把握して調べることも可能ですから、履歴の情報はすごく大事になっています。オンラインカジノを利用しているユーザーは、使いすぎに気をつける必要もありますが、この履歴を見ておけば入金額を把握できます。オンラインカジノでかなり使っているように感じているなら、とりあえず使いすぎを防ぐようにして、少しでも金額に余裕を持って遊んでください。
この履歴については、オンラインカジノへの支払いが確定されていると判断されます。アイウォレットはこれも記憶しており、振込先を選択できるようになります。残されている履歴から、オンラインカジノへの振込が簡単にできるようになります。1回行っていれば、確認できる情報から振込ができるのはいいことです。

振込履歴が消えている場合は

数年くらい経過すると、アイウォレットは残されている情報を整理する傾向があり、勝手に履歴が消えています。またクッキーなどの情報が失われるなどの問題で、決済されている情報を把握できないケースがあります。アカウント凍結が解消されてログインすると、履歴が消去されていることもあります。
この場合は最初からやり直しとなります。オンラインカジノに入れたい方は、1から手続きを行って履歴を作ってください。その履歴がしっかり残されるようになれば、次からの振込は履歴を使って入れられます。負担を軽減できる良さを持っているので、履歴が消えているようならまだ作るようにしてください。

オンラインカジノが複数ある場合

振込先のオンラインカジノが複数あり、履歴から確認できる情報が少ない、どちらのオンラインカジノに入れればいいのか迷っている場合は、とりあえず時間をかけて確認してください。確認が足りない場合など、トラブルが起きてしまう可能性もあります。
オンラインカジノでは、対応している会社が少ないとされています。アイウォレットで確認が難しいと感じることはないと思いますが、稀に確認が難しいと判断して、別のサービスに振り込んでしまう場合があります。気をつけて使ってください。

アイウォレットを使うなら日本のある銀行が良い

日本の銀行に出金することは可能ですし、オンラインカジノから出したお金もある程度簡単に受け取れるのですが、手数料が非常に高いとされています。ところがある銀行を使えば、手数料を無料にできます。高い手数料を支払うのはかなり厳しい部分がありますので、アイウォレットを利用するなら新生銀行の口座を作って、そこに出してください。

新生銀行は手数料無料になる

外貨の口座については、色々なところが持っていますし、信頼できる銀行口座も多数ありますが、手数料の問題が大きいです。しかし新生銀行は、被仕向手数料が無料となっていますので、手数料をかけずに出金できます。アイウォレットも該当しているので、アイウォレットを契約しているなら新生銀行を持っているといいでしょう。口座を作るだけなら楽ですし、アイウォレットのためだけに作っても損はありません。
他の銀行口座を使うと、手数料が35ドル程度取られてしまいます。この数字は非常に大きなもので、オンラインカジノの利益が大幅に失われます。どの口座でもそうですが、手数料が大きすぎることは非常に問題となっていて、なるべく起こしたくない問題です。もっと手数料が小さい口座を使ったほうがいいので、手数料が無料になっている新生銀行を使えばかなり楽になります。導入するのも簡単ですし、アイウォレットへ出しやすい設定でもあるので、困っている方には利用してほしい銀行です。

新生銀行は出金も行いやすい傾向に

銀行によって、お金が出てこない問題もあるようで、一部の口座を使っていると出てくるまでに時間がかかります。逆に新生銀行のように、何故か早々に出てくる口座もあるので、場合によってはすぐにお金を手に入れられます。オンラインカジノで大きな利益を得ているなら、そのお金はどんどん手元に残したいものですが、簡単に出しやすい銀行口座は必要不可欠となります。
そして出金をしっかりと行えるように、新生銀行の口座番号は常に覚えておきましょう。もし覚えていないと時間がかかってしまい、遅れてしまいます。更に番号を間違えたことでトラブルになり、間違った口座に出金される可能性もあります。
出しやすい口座を持っているだけでもメリットが大きいですし、トラブルも減らしていけるのです。オンラインカジノから出したいと思っている方は、アイウォレットと契約してそこに出し、それから新生銀行の口座に入れておけばいいでしょう。後は銀行で手続きをすればお金が戻ってきます。

マーチンゲール攻略法の弱点

マーチンゲール法では大金は期待できず

マーチンゲール法は「負けないための方法」なので、裏を返せば「ガッツリ稼ぐ為の方法」ではありません。結構稼げるという噂もありますが、実際の所マーチンゲール法では稼げません。スロットで使えない方法であることはもちろんですが、それ以外にも損失をカバーするために利用する方法であり、思い切って勝負をするわけではないのです。

〇損をしないために何とか返すための方法

スロットで使えない理由として、確率が大幅に下がっていることが要因になります。確率がもっと高くなっているなら、それは利用される可能性もありますが、ルーレットなど簡単なものでしか使われないので、マーチンゲール法では大きな金額が得られません。大金を得られているように思われても、的中した金額は損失を解消している程度で、大きなのメリットは受け取れないのです。
オンラインカジノでは、損をしないために勝負をする方法も大事とされています。お金をたくさん使っても、勝てないままでは意味がありませんし、かなりの金額を捨てている状態になります。そのため損をしないために使われる方法がいいとされていて、マーチンゲール法を利用している方も多いのです。
しかしマーチンゲール法自体が、勝つために使うというより、何とか負けないために利用する方法となります。本当に勝ちたいと思っているなら、マーチンゲール法以外で攻略法を考えていくことになります。それくらいやらないと、オンラインカジノでは大金を得られないのです。

〇コツコツ型に使われるマーチンゲール法

コツコツ稼ぎたい方には、マーチンゲール法は向いています。1ドルずつ増えているような状況になり、負ける可能性が低いことから、1日に1000円でもいいから増やしたいと思っている場合に便利なのです。しかしマーチンゲール法では、突発的に大金が手に入るなどのメリットを受けられませんので、コツコツ増やしたいと思っている人以外には厳しいと感じます。
本当に大きな金額を得たいなら、別の攻略法を採用すること、そしてできることなら配当が高いものを狙っていくことになります。オンラインカジノで有名なスロットは使えませんので、マーチンゲール法ではコツコツ以外の戦法は使えません。
結果的に勝ちたいと思っている人は、マーチンゲール法が使えないゲームを利用しています。これによってマーチンゲール法に頼ることがありませんので、使っていない人もいるのです。ルーレットをプレイしている人でも、意外と使わない場合があります。

テーブルリミットがマーチンゲール法を駄目にする

オンラインカジノには、あまりにも多くの金額を使われないように、テーブルリミットを設定しています。これは1回に賭けられる金額を決めているもので、上限を超えてお金を使えないシステムにしています。大金を使いたいと考えているユーザーが多いことは間違いないですが、一定額に制限しないと駄目な部分もあるので、しっかりと固定しているのです。

〇マーチンゲール法ではテーブルリミットが敵になる

上限を固定できることは、多くの金額を使わなくていい良さを持っていますが、マーチンゲール法にとっては邪魔にしかなりません。テーブルリミットが500ドルに設定されていた場合、256ドルで負けてしまうと倍にできません。12ドル分だけ回収不可能となり、これが損失となります。しかも500ドルでも負けてしまえば、マーチンゲール法が成立しなくなり、完全に負けてしまう状況になります。
テーブルリミットは、とにかく問題となる部分ですので、気にしながらプレイすることになるでしょう。2倍でも3倍でも、テーブルリミットが近づいてくると当たって欲しいと感じるようになります。外れてしまえばその時点で終わってしまうことですから、絶対に起こらないように調整しつつ、当たったところでリセットできる状況に持っていきたいところです。

〇テーブルリミットの制限はオンラインカジノによって変化

リミットは、オンラインカジノに提供されるソフトウェアによっても変わりますし、オンラインカジノによっても上限を変えています。1000ドルまで入れられるオンラインカジノもありますから、512ドルまでなら挑戦できる可能性があります。一方で200ドルのリミットもありますので、この場合は128ドルで負けてしまった場合、リミットの影響でマーチンゲール法は利用できません。
制限が変化していることに気をつけないと、大きな失敗も十分にありえます。大丈夫だと思っていたら、リミットの上限に入ったことに気づかなくて、すごく困ってしまいます。マーチンゲール法では、これが嫌な部分で、知らないうちにテーブルリミットをオーバーするところまで行ってしまうのです。
オンラインカジノにとって、リミットを決めていないと多額の損失が計上される恐れもあります。テーブルリミットを付けているのは当然となりますが、オンラインカジノのルールによってマーチンゲール法は制限されていることに気をつけないと駄目です。できればリミットの大きなオンラインカジノを使ってください。

オンラインカジノについてまとめてみた

■オンラインカジノとは何?■

オンラインカジノは、その名前の通り、実際にあるラスベガス、マカオなどのカジノがそのままオンライン上で遊ぶことが出来る、ギャンブルのゲームを指します。
オンラインカジノは、始めに登場したのは、90年代のことであり、元々カジノそのものは、ヨーロッパなどでは古くからの歴史があり、親しまれてきた過去があります。
大人の社交場として知られていたカジノですが、オンライン上に登場したことによって、世界中のプレイヤーが気軽にパソコン上で遊ぶことが出来るようになりました。
日本人でも、今までは海外のカジノで海外旅行中に遊ぶしかなかったのですが、現在では、オンライン上でいつでもどこでも遊ぶことが出来ます。
さらに、オンラインカジノは、実際のカジノと同様に、リアルの現金を賭けて、白熱したスリリングなギャンブルを楽しむことが出来ます。
ギャンブルが好きという方は、オンライン上でいつでも楽しめるのですから、こんなに愉快なことはないといえるでしょう。
さらに、ペイアウト率なども、本場のカジノと変わらず、高いペイアウト率を誇っているのが特徴です。
つまり、オンラインカジノでも、大勝ちをすることは珍しくはなく、1億円を当てることも可能で、一発逆転を目指すことも出来るのです。

■24時間遊べるオンラインカジノ■

オンラインカジノは、通常のカジノとは違い、パソコンのウェブ上であることから、24時間いつでも遊べるのが特徴です。
サイトがメンテナンスをしているという場合以外は365日いつでもプレイが出来ますので、忙しいビジネスマンの方や、家事に追われる主婦の方でも気軽に体験をすることが出来るといえるでしょう。
オンラインカジノは、営業時間に縛られず遊ぶことが出来るので、負けを繰り返している場合には、それを取り戻すことが出来たり、ちょっと休憩時間に暇つぶしに遊んだり、また無料ゲームで戦略を練りながら試しに遊んでみたりと、色んな楽しみ方が出来るといえるでしょう。
趣味の一つとして、始めることも出来ますし、いつでも止めることが出来るという気軽さもその魅力の一つです。
最近では、日本人プレイヤーも増えてきており、さらに多言語に対応をしているサポートが組まれているオンラインカジノサイトも増えてきていますので、だれでも安心して始めることが出来ます。
登録は無料ですので、手軽に登録が出来ますし、色んな種類のゲームで、いつでも楽しめるのです。

■オンラインカジノの合法性■

オンラインカジノは、日本で行うのは違法であると思われているイメージがあります。しかし、オンラインカジノに関する事は、法律にも具体的に明記されているというわけではありません。
このため、合法でもなければ、違法でもない…というのが現状であり、限りなくグレーゾーンであるといえるでしょう。
オンラインカジノをしていて、逮捕者が出たという事例はありますが、結果的に罰することは出来ず、不起訴処分となっています。
これは、オンラインカジノは、法的に違法と合法の微妙なゾーンであるため、法的に裁くことが出来ないからです。
さらに、オンラインカジノサイトは、海外の業者によって運営がなされているため、これを日本の法律だけで裁くことは出来ません。このため、実際に処罰されると言うことはなく、安心して遊ぶことが出来るといえるでしょう。
自宅で気軽にプレイをする分には何ら問題ないといえます。

■オンラインカジノの始め方■

オンラインカジノを始めるに当たっては、まずは優良サイトを選ぶ必要があります。
実はオンラインカジノが登場してからは、悪質サイトなども多かったのが実際の所ですが、今はライセンスが発行されなければ、運営が出来ない仕組みになっていて、悪質サイトは減ってきているといえるでしょう。
しかし、中には、詐欺まがいのサイトもありますので、登録の際には十分に注意をしましょう。
オンラインカジノサイトを選ぶ際には、大手で老舗の知名度のあるサイトを選ぶことが大切です。

また、オンラインカジノサイトは、合法とされている国において、ライセンスが発行された上で運営がされているので、こちらのライセンスの有無を確認してから始めましょう。
また、第三者である機関に監査されているかどうかもチェックすることが必要です。
こちらの第三者機関に監査されているオンラインサイトであれば、安全性や、公平性が確立されているといえます。
ペイアウト率、そして不正がないかなどが厳しく監査されており、これの基準をクリアしていると言うことですので、こちらのチェックがあるかどうかも、始める際に確認が必要です。
オンラインカジノは、未成年では登録をすることが出来ず、成人であることが条件となります。18歳以上が条件ですが、サイトによっては、20歳以上が条件とされていることもありますので、登録の際には注意事項をよく見てから登録をしましょう。

オンラインカジノと言えばやっぱりボーナス

ボーナスの利用の仕方

オンラインカジノにおけるボーナスチップの利用により、その立ち回りの方法によってはノーボーナスでの勝負よりかはとても優位に立つ事もあるのです。
通常このボーナスを貰った場合の優位性を以下に記載しておきます。
購入額+ボーナス額−(ボーナスの払い戻して必要である賭け数)×ゲームにおけるハウスエッジこの値が購入額と比較して大きくなれば、それだけ優位性も高くなってきます。
この様な優位性を最大限度生かす為にいつもボーナスを貰ってプレイする行為をボーナスハンティングと呼びます。
けれども近頃は、オンラインカジノにおいての最大攻略法であった、このボーナスハントは毎年その効果が小さくなってきています。
近頃はカジノサイトも、このボーナスハンティングを主体としたプレイヤー達を、ボーナスの乱用者(BonusAbuser)と言う様に識別してきており、その方達には多くのペナルティを課す時もある様です。
このペナルティには、例えばアカウント凍結や、ボーナスプロモーションの剥奪等になります。
またその様なペナルティは個々のカジノのみでは無くて、同様のソフトウェアを使用している他のカジノやグループ間でも行っている事もあります。
近頃のボーナスハンティングでの、このオンラインカジノの対処はいろいろとトラブルも出てきています。
オンラインカジノによって発生しているトラブルのおよそ7,8割はこの様なボーナスについてのトラブルになっています。
実際私も、このオンラインカジノをスタートした時はボーナスハンティングによってよく稼いでいたのです。
当初は各カジノにおいても、このボーナスハントに対してとても寛容的であって「とてもいい時代」でした。
けれども現在はこのボーナスハントはとてもリスクも高くなってきます。
カジノサイトがとても警戒心を持っているのです。
ですのでプレイヤー自身によって、定期的にこのノーボーナス購入を心掛けていないと、例えプレイヤー達に悪意が無くても乱用者扱いされる事になってきます。
当然と新規の購入者についてサインアップボーナス等を貰う事自体問題はありませんが、その後にわざとボーナスオファー時だけに購入をしているなどの行為には注意をして下さい。
ボーナスを貰いたい時は、ボーナス申請が必要な時もあります。
ボーナス受領の仕方は以下の方法になります。

○ボーナスの申請の仕方

入金後に自動的にボーナスが貰えるカジノサイトにおいて、ボーナス申請ページにより申請をするメールによって申請をするある賭け数を行う事により、自動的にボーナスの振り込みがある様々なカジノにおけるボーナスの申請方法については、カジノでの解説を参照して下さい。
そしてこのボーナスの申請後には、アカウント宛にボーナスが反映されるまでとても時間を要する事もあります。
即ボーナスが振り込まれないと言って、何回も申請をしてみたり、またカジノサイトに何回も問い合わせをする事は避けて下さい。
またボーナスを貰った時は払い戻しには条件が付与されます。
この事は個々におけるカジノの紹介ページを参照してみて下さい。

ボーナスにおける条件

1.ボーナスの条件

ボーナスと言うのは、貰った後に即引き出す事は出来ないのです。
何故かと言えば、たいていのカジノにおいてはMinimumWagerRequirement(ミニマム・ウェイジャー・リクワイアメント、要するに最低の必要賭け額)などの条件の存在があるからです。
ボーナスの額と入金額との合計額の10倍分を賭けた後に、引き出しが可能になってきます。
例)$300を購入して、また$200のボーナスを貰った時の、引出し時のMWRが12倍の時は($300+$200)x12=$6000この時は、$6000の賭けによって引き出し可能になってきます。
そして自らによって入金した分の引き出しもこのカジノでは不可になります。
と言うのもそれをボーナス濫用と見做しているからなのです。
こう言うボーナス条件がありますが、たいていのカジノにおいては、高額となるボーナスがありますので、プレイヤーにしてみれば大きなプラススタートが出来ます。
ですのでこのボーナスをよく利用してみたいものです。
また近頃は、ボーナスの条件を満たせば即引き出す様なプレイヤー達が増加したので、ボーナス条件のクリア後に即引き出せば、それをボーナス濫用者と見做す事も多くなってきまた。
この様なボーナス濫用者と見做されれば、今後ボーナスが貰えなくなる事もあり、またカジノより追放される事も出てきます。
このボーナス条件をはるかに上回った後で、賭けた後に引き出すのがベストかと思います。
またデンマークでのプレイヤー達は、以前このボーナス濫用者が多かった事もあり、様々なカジノにおいて、このデンマーク達のプレイヤーによるボーナス条件が厳格になっており、デンマークでのプレイヤー達に直接名指しによってボーナス条件が指定された事もあった様です。

2.スティッキーボーナス

近頃のオンラインカジノにおいては、払い戻しの時にカジノサイトによって引かれるボーナスもあります。
この事をスティッキーボーナスと呼びます。
これらは大きな賭けをする時に、カジノより貰うボーナスの事を指し、自らのお金になる事は無いのです。
このボーナス自体引き出しはできませんが、運がよければこれらを利用して、手持ちの資金を増加させる事も可能になります。
仮に100ドルのボーナスを貰い、プレイの後にそのボーナスの払い戻し条件をクリアした後に、現金が500ドルに達した時に払い戻しをすれは、500ドル自体は払い戻しする事は出来なくて、400ドル(500ドルよりボーナス分の100ドル差し引いた分)のみの払い戻しができる事になります。
またこの400ドルを払い戻した時に、残額である100ドルも無くなるのです。

3.除外ゲーム

除外ゲームと言うのは「どんなに賭けても、ボーナスの条件クリアでないゲーム」の事を言います。
これはバカラやルーレット、またクラップス等を除外ゲームと見做しているカジノも多くなっています。

4.コンプ

本場でのラスベガスでは、ハイローラーと言う方(これは高額の賭けをしている方)等にカジノより感謝の気持ちとして、ホテル代金や食事代を無料にしたり、またカジノまでリムジンの送迎サービスをしたり、またラスベガス行の往復航空券のチケットサービス(コンプ)等があるのです。
こう言うサービスを、このオンラインカジノによってもする事が出来ないかなどの事で、あるオンラインカジノによりこのコンプの導入が行われています。
これは賭けた金額についてのお金が貰える事になってきます。
とても嬉しいですよね。