法律上気をつけるべきこと

賭博法

オンラインカジノは、賭博法に該当するのか

日本には、ギャンブルを取り締まるための法律として賭博法があります。これは、日本国内でお金をかけたギャンブル、つまり賭けが行われた場合、それを取り締まるための法律です。日本では、国が認可しているパチンコや競馬といったギャンブルしか認められていませんので、それ以外のゲームにお金をかけた場合、この法律によって処罰される対象となってしまいます。そこで気になるのが、オンカジです。オンラインカジノは、日本国内でももちろんプレイすることができるインターネット上のカジノサイトです。カジノということは、もちろんお金をかけるということです。
つまり、スマートフォンをいじっているように見えて、実はその人はお金をかけてルーレットしているのかもしれないということです。その人は日本国内の法律では罪に問われるのでしょうか。実は、ほとんどの人は罪に問われることなく自由に楽しんでいます。それはなぜなのでしょう。

カジノシステム

オンラインカジノのシステム

オンラインカジノが賭博法の上で罪に問われるかどうかということを考えるためには、そのシステムのあり方を知る必要があります。オンラインカジノを日本国内で遊ぼうと思えば、自宅のパソコンや、スマートフォン、タブレットなどからオンラインカジノのサイトにアクセスをする必要があります。その際、オンラインカジノを運営しているサーバーは海外にあるため、海外のサイトにアクセスしているという形になるのです。そして、オンラインカジノが設置されているその国ではカジノが認可されており、オンラインカジノ自体も国や自治体からライセンスを取得して認可をもらった上で運営している場合がほとんどです。わかりやすく言えば、日本人が海外旅行に行って旅行先でゲームを楽しんでいるようなものです。ただし、そのパターンと違うのは、本人が日本国内にいてギャンブルを楽しんでいるという部分です。

オンラインカジノに関する法律は定まっていない

ギャンブルを取り締まるために存在している賭博法ですが、その賭博法が制定された時に、オンラインカジノというものは存在していませんでした。そのため日本人が海外のサーバーを利用してギャンブルを楽しむということなど想定されていなかったのです。今後法律が改定されれば対応していく可能性もありますが、現段階でははっきりと有罪ということも言えませんし、無罪ということも言えません。ただ、多くのプレイヤーがオンラインカジノをプレイし、有罪になっている人は1人もいないという現状はあります。楽しむ場合は、あくまでも自己責任だということ忘れないようにしましょう。