オンラインカジノに詐欺はあるのか?

カジノの真実

あなたはオンラインカジノを信じますか?

オンラインカジノという言葉自体が、日本人の一般的な考え方からすると少し胡散臭い匂いがします。
オンライン、つまりインターネットでお金のやり取りをするというのは、トラブルになりやすいという考えを持っている人は多いと思います。また、カジノはギャンブルです。ギャンブルは、ハマると身を滅ぼしてしまったり、借金まみれになってしまったりするものだという考えが、日本人には少なからずあります。この2つの言葉が掛け合わされたオンラインカジノは、やはり第1印象としては「怪しい」と言わざるを得ないでしょう。実際にそのシステムを説明しても、多くの人はその「怪しい」と思った気持ちを払拭する事は難しいのではないでしょうか。

政府

政府が詐欺に加担するか?

日本では、国営ギャンブル以外は禁止されています。国営ギャンブルというのは、国が認可したギャンブルで、競馬や競輪、競艇、パチンコ、スロットなどです。これら以外のギャンブルを日本国内で行ってしまうと、賭博法違反となり罪に問われます。オンラインカジノを日本人が遊べる理由は、そのカジノが、海外のサーバにあるためです。日本の法律では裁けないエリアにオンラインカジノのインターネット上の住所が存在しているということなのです。そして、それぞれのインターネットカジノは、取得している国の政府から「カジノを運営しても良い」という認可を受けてオンラインカジノを出店しています。この認可のことをライセンスと呼びます。このライセンスを取得するためには、国からのかなり厳しい審査を受けなければなりません。その審査を経た上で定期的な第三者機関の監視も受けながら詐欺を行うようなオンラインカジノは、まずないと言っていいでしょう。そもそも、オンラインカジノは払戻率の非常に高いギャンブルです。その部分に魅力を感じて、オンラインカジノの世界に足を踏み入れる人も多いです。
そして、その払い戻し率はオンラインカジノのお店ごとに異なり、公表されています。公表しているのはお店自身ではなく、お店を調査した第三者機関です。つまり、払戻率が高くなければお客さんが集まらず、払戻率が高すぎると店側が儲からないという状態になるのです。そのバランスをとって、現在は97%前後の払い戻し率がオンラインカジノの平均となっています。このような状況がある以上、変にイカサマやインチキという、ライセンス剥奪のリスクを冒してまで払戻率を下げてお客さんの足を遠ざけるようなことはしないはずです。