仮想通貨の扱いの違い

最近では、ビットコインを使ってオンラインカジノを楽しむ人が増えています。
その理由はビットコインを使えるオンラインカジノが、徐々に増えてきているからです。

今回は、そんなビットコインを使った入出金についてや、ビットコインを利用できるオンラインカジノについて解説していきます。

ビットコインでオンラインカジノをするメリット

気軽でスピーディー

気軽でスピーディー

ビットコインなどの仮想通貨でオンラインカジノを楽しむメリットとしては、より気軽に入金できることが挙げられます。
決済スピードが極めて速いので、すぐにプレイできます。

匿名性が担保

クレジットカードのように大事な個人情報を入力することもないので、安全性の面でもメリットがあると感じている人が多いです。

ビットコインが使えるカジノも人気

ビットコインを扱っているオンラインカジノであっても、日本語に対応していないと、やはり日本人にとっては利用しづらいです。

その中でも特に人気を集めているのが、ビットカジノです。
ビットカジノは、ビットコインが使えるオンラインカジノとして、初めて認められた世界的に有名なところです。

2014年から営業していて、安心して利用できるとユーザーからの評価が高いです。
特にビットコインのメリットを最大限に生かした入出金のスピードが速いのが特徴です。

オンラインカジノでは、出金の申請を出してから実際に払われるまで、数日がかりになることがあります。
しかし、ビットカジノでは最短2分での出金を実現しています。

ビットコインが使えるカジノも人気

さらにビットコインのメリットである匿名性も発揮されています。
というのも、本人確認書類の提出が一切いりません。
他のオンラインカジノだと、登録の際には不要でも出金のときに必要になるケースが多いです。

半面ビットカジノであれば、出金のときも身分証明書などを提出しなくて大丈夫です。
匿名性が担保されていますから、なるべく名前などの個人情報を明かさずにオンラインカジノを楽しみたいという人に便利です。

ビットコインの入金方法

専用ウォレットがおすすめ

オンラインカジノでビットコインを使った入金をするために、取引所内のウォレットではなく、専用のものを持っている人が多いです。
こちらのほうが、セキュリティー面で優れていたり、使い勝手が良かったりするためです。

専用ウォレットは主に2種類

専用ウォレットには、主にローカルのものと、ウェブウォレットがあります。

ローカルウォレットの場合、その名の通りネットにつながっていないローカル環境での管理が可能です。
そのため、ハッキングなどのサイバー被害に遭いにくいというメリットがあります。
一方で、インストールなどの初期設定に面倒さがあります。

ウェブウォレットは、設定が簡単ですぐに利用できます。
ただし、やはりネット上で管理するので、ハッカーのターゲットになることがありえます。

具体的な入金方法

実際にオンラインカジノでビットコインを入金するには、そのサイトが指定するQRコードや専用アドレスを利用します。
ウォレットでQRコードを読み込んだり、専用アドレスを入力したりして送金するわけです。
送金後の扱いは、オンラインカジノによって変わってきます。

ビットコインを入金して、そのビットコインをそのままゲームに賭けていくサイトと、ビットコインを入金すると、それがサイト側でドルやユーロに換金されて、それを賭けていくタイプが存在します。

先述したビットカジノは前者のタイプです。
もちろん、ビットコインだけを使ってオンラインカジノを楽しみたいのであれば、入金したビットコインをダイレクトに別途できたほうが簡便です。

具体的な入金方法

ビットコインに対応しているオンラインカジノでも、その実、後者のようにドルやユーロに換えた上で、という工程が挟まれることが多いです。
大手のベラジョンカジノもその1つです。
いちいち換金するという工程がわずらわしい、と思う方は、こういったオンラインカジノは避けたほうが良いです。

ビットコインを直接使いたいならビットカジノ

ビットコインをそのまま賭けに使いたい方はビットカジノで決まり、といった状況です。
特にビットカジノは、日本人ユーザーが多いという特徴を持っています。

24時間体制のサポートがなされていて、日本語によるライブチャットでの相談が可能です。
ビットコインの入出金などで何か分からないことがあれば、すぐに日本語で聞けるので安心です。

別にビットコインがドルやユーロに換金されてから賭けるのでも良い、ということであれば、ベラジョンカジノがおすすめです。

オンラインカジノの利用のしづらさとして、出金スピードの遅さを挙げる人が多いので、ビットコインを使えばその問題を解決が可能となります。