ジパングカジノの入金と出金の概要について基本的な内容を解説

ジパングカジノの入金と出金の概要について基本的な内容を解説
ジパングカジノは人気のオンラインカジノとして海外ユーザーだけでなく日本人のユーザーにも定評があります。
そのため、ジパングカジノを利用する日本人の方も少なくありません。
このような背景からジパングカジノを新たにプレイしたくなる方もいます。
しかし、ジパングカジノをプレイする前に知っておきたいのがジパングカジノの入金と出金です。
今回は、ジパングカジノの入金と出金の概要について解説し、まとめました。

ジパングカジノの入出金を知っておく重要性

ジパングカジノの入出金を知っておくことは重要です。
それは、トラブルや混乱の未然回避、スムーズな入出金、ジパングカジノのゲームに集中できるといったメリットがあるからです。

ジパングカジノの入金や出金は基本的なことを知っておかないとトラブルや混乱の原因になります。
例えば、ジパングカジノは海外のサービスなので、入金してもすぐにアカウントへ反映されない場合があります。
日本では入金したら最低でも数時間後には反映されるのが常識です。
しかし、海外のサービスという点から、日本のサービスとは違った入金方法も用意され、同様に出金も異なった方法で行われます。
このような状況を知らずに日本のサービスの感覚で利用すると、予想外のトラブルで混乱したり、トラブルではないのに反映されない、口座に振り込まれないといった理由でトラブルと勘違いしたりといったことが平気で起こるのです。
一方で基本的なことを知っておけば、ジパングカジノの入金や出金でトラブルや混乱を最小限に抑えられ、操作ミスなどのトラブルも未然回避できます。

次にスムーズな入出金ができるようになります。
基本的な仕組みを知っておくだけでもジパングカジノの入出金はスムーズです。
多少戸惑うこともあるかもしれませんが、全く知らないのとでは大きな違いがあります。

最後がジパングカジノのゲームに集中できます。
お金の動きについて不安があるままプレイすると、ジパングカジノの魅力である千種類を超えるゲームを満足に楽しむことができません。
ジパングカジノはカジノだけでなくスポーツの予想をするスポーツベッティングもありますから、お金回りの心配を無くしてジパングカジノのゲームを楽しむ意味でジパングカジノの入出金の基本を知っておくことは重要です。

ジパングカジノの入金について知る

ジパングカジノの入金について知る
それではジパングカジノの入金から紹介します。
ジパングカジノの入金は電子マネーとクレジットカードに対応しています。
電子マネーは日本でみられる小売店が利用しているものや交通系ICカードではありません。
海外のサービスである次の電子マネーに対応しています。

・エコペイズ
・ペイトラ

これらは海外の送金サービスです。
アカウントを作ってそこに入金を行ってチャージし、そこからジパングカジノに入金します。
ジパングカジノへは最低20ドル以上の入金が必要なので注意しましょう。
クレジットカードはVISAとマスターカードに対応しています。
こちらも電子マネー同様に最低20ドルで、いずれもその日のうちにジパングカジノへチャージできます。
ただ、クレジットカードで入金すると出金する際に手間取ることが多いので電子マネーを利用したほうがスムーズです。
また日本円には対応していないので、クレジットカードは最初から、電子マネーはチャージした時点で、それぞれ日本円から米ドルに両替します。

ジパングカジノの出金の概要は知っておきたいポイント

ジパングカジノの出金の概要は知っておきたいポイント
ジパングカジノの出金の概要は特に知っておきたいポイントです。
それは、電子マネーは同じ種類で出金、身元証明を事前にしておく、時間がかかるといった点です。

電子マネーで入金した場合は同じ電子マネーでしか出金できません(最後に行った入金方法)。
例えば、エコペイズで入金をしたら、同じエコペイズで出金し、ペイトラでの出金はできないので注意しましょう。
クレジットカードで入金した場合はエコペイズまたはペイトラのいずれかでの出金になりますが、いずれかの電子マネーを利用して入金させておく必要があります。
つまり結局出金を考えた場合、電子マネーでいくらか入金しなければなりません。
また、出金額は上限があり、毎月「10,000米ドル+その月の入金額」ですが、超高額の払い戻しがあるジャックポットは例外になっています。

身元証明をしておくことも知っておきましょう。
ジパングカジノでは身元証明をしておく必要があります。
それは、ジパングカジノのサイトで免許証などの画像を提出し、身元がしっかりしていることを証明することです。
マネーロンダリングの防止の観点から行われていますが、これを行わないと出金できないので注意しましょう。

最後にジパングカジノの出金は時間がかかります。
ペイトラの出金処理にかかる時間は、出金依頼日の翌営業日で完了し、エコペイズの場合は、24時間+1営業日です。
国内のサービスのように出金申請をしたら即日振り込みではないので注意しましょう。
ちなみに電子マネーへ出金したら、さらに日本の銀行口座へ出金手続きをする必要があります。

このように出金は若干手間取るので注意しましょう。

SNSにネットカジノ関連の情報を投稿すると違法になる?

SNSにネットカジノ関連の情報を投稿すると違法になる?
InstagramやTwitter、Facebook、You Tubeなど、利用目的な形こそ異なりますが、これらは全てSNSの分類に該当します。

日本では現時点でカジノは禁止されているため、これらSNSを使って日本国内にあるカジノの場所を紹介したり、そのカジノを勧める行為は違法となります。

しかし、もしネットカジノ関連の情報を投稿すると、それも違法行為になるのでしょうか。
海外を拠点にしているネットカジノですから、SNSで情報を提供しても特に違法行為では無いと思われるかもしれませんが、注意が必要です。

そこで今回は、SNSにネットカジノ関連の情報を投稿すると違法になるのか?何を注意したらいいのか?などについて解説していきます。

ネットカジノの違法性について

SNSにネットカジノ関連の情報を投稿すると違法になるのかどうか、と疑問に感じているということは、ネットカジノそのものの違法性が気になっているのかと思います。

ネットカジノが違法でしたら、当然SNSへ投稿することは危険ですし、合法ならば何の問題も無いと解釈できます。
残念ながら日本でネットカジノの運営は違法です。

しかし、海外を拠点とし、その国の政府が発行するライセンスを所持しているネットカジノでしたら、日本国内から遊んでも違法にはなりません。
現在の日本では、海外のネットカジノでプレイしてはいけないという法律は存在せず、自由にアクセスし、ギャンブルを楽しむことができます。

ただし、法律が存在しないだけであり、ネットカジノが法律で認められているわけでもありません。
白でも無く黒でも無いため、いわゆるグレーゾーンの立場に位置しているのがネットカジノなのです。

IR誘致の法律が通過したことで、今後ネットカジノを規制する法律が作られる可能性もありますが、現段階ではグレーゾーンなのでご安心ください。

SNSへの投稿は控えるべき

SNSへの投稿は控えるべき
上記の通り、ネットカジノは法的にグレーゾーンとなるため、ネットカジノでのプレイを堂々と公にするのは控えた方が無難です。

最近では、TwitterやInstagramなどを使い、その日の収支を公開したり、プレイの内容を細かく書いた投稿を見かけることがあります。
中には、ネットカジノをプレイ中の様子をライブで配信している方もいます。
いくら違法性は無いと言いましても、あくまでもグレーゾーンなのですから、そこまで公にすることで、目をつけられてしまう可能性があります。

その結果、ネットカジノのギャンブル性が問われ、ネットカジノの規制に繋がってしまう可能性も考えられます。
自分だけならまだしも、他の数多くの日本人プレイヤーに迷惑をかける恐れがありますので、SNSへの投稿は控えるべきです。

SNSへの投稿で個人が特定された事件

SNSへ投稿したことで個人が特定され、逮捕された事件が過去にありました。
それが「スマートライブカジノ事件」と呼ばれるもので、日本で初めて無店舗型のネットカジノプレイヤーが逮捕された事件です。

スマートライブカジノでは、日本人限定のイベントやプロモーションを開催したり、日本人ディーラーの採用、さらに日本で最もネットカジノがプレイされている時間帯を狙って、ライブゲームを展開していました。
つまり日本に特化したネットカジノだったのです。

この事実により、警察は「スマートライブカジノの胴元は日本国内にいる」と見なし、スマートライブカジノで遊ぶ日本人プレイヤーの特定に動きました。
実際に逮捕されたのは3人のみですが、他にもたくさんの日本人がいるのに、どうしてこの3人だけが逮捕されてしまったのでしょうか?

その決定打となったのがSNSです。
スマートライブカジノ内のチャット履歴からアカウント名やSNSが特定され、警察がそのSNS会社に情報開示請求したことで、3人の居所を突き止められてしまったのです。

最終的に単純賭博罪で略式起訴となりましたが、裁判をしないだけで罰金刑を課せられているため、有罪に代わりはありません。
スマートライブカジノはイギリスを拠点としたネットカジノではありますが、この事件のように、警察の判断によって「違法と見なされる」ケースがあったのは事実です。

以上のことから、たとえ海外拠点の合法ネットカジノであったとしても、SNSへの投稿は控えることをおすすめします。

まとめ

まとめ
今回は、SNSにネットカジノ関連の情報を投稿すると違法になるのかどうか?について過去の前例を元に詳しくご紹介させていただきました。

ライセンスを所持する合法ネットカジノであっても、日本国内から遊ぶには法的にグレーゾーンです。
違法ではありませんが、合法でも無いため、SNSなどを使ってネットカジノのプレイの様子を投稿するのは控えるようにしましょう。

いつかネットカジノが完全違法となった時、最初に目をつけられるのが、過去に遊んでいた様子が投稿されているSNSの管理人かもしれません。
現段階でネットカジノは違法ではありませんが、当局に目をつけられないため、そして将来的に良からぬ疑いをされないよう、今からSNSへの投稿は避けた方が無難です。

大勝利した時、ネットユーザーみんなに報告したい気持ちはわかりますが、周囲のネットカジノ仲間や友達までにしておきましょう。

ブラックジャック攻略法の数々はオンラインカジノでも利用できる

ブラックジャックには独特の攻略法が存在する

ブラックジャックには独特の攻略法が存在する
ブラックジャックというゲームはカジノゲームの中でも特に歴史が深く、それだけ攻略法の研究が進んでいるゲームでもあります。
過去にはブラックジャックの攻略法をまとめた本がベストセラーになったり、攻略法を利用したプレイヤーがリアルのランドカジノを荒らし回って伝説になったこともあります。
こうしたブラックジャックの攻略法は現在ではカジノ側に対策されてしまっている場合もありますが、現役で利用可能なものも少なくありません。
そしてオンラインカジノの隆盛によってリアルのランドカジノでは使えなくなってしまった古典的な攻略法が再び脚光を浴びるケースも増えてきています。
たとえオンランカジノの初心者やブラックジャックに慣れていない人であっても攻略法そのものは誰でも簡単に実行できるため、色々な攻略法を試しながら自分に合ったものを探していくといいでしょう。

ブラックジャック攻略法の基本はカウンティング

カウンティングとはゲーム中に使用されたカードの種類を全てカウントして、これから場に出てくるであろうカードの種類を予測するカジノゲーム攻略法の一つです。
ブラックジャック以外にもカードを使ったゲームであればこのカウンティングは攻略法の基本となります。
ただしカウンティングを行うには使用されたカード全てを暗記するかディーラーにバレずにメモを取っていく能力が必要になるため、リアルのランドカジノで実行できるプレイヤーは限られます。
またランドカジノではカウンティングを防止する対策が取られていることが多く、たとえばブラックジャックでは使用したカードをシャッフルマシンに入れてカウンティングを無効にする対策が一般的となっています。
オンラインカジノのブラックジャックでも対策は取られており、ビデオゲーム式のソフトウェア型ブラックジャックでは毎回デッキがリセットされる仕様となっているためそもそもカウンティングが成立しません。
ではオンラインカジノのブラックジャックでカウンティングが不可能なのかと言うと、実はそうとは言い切れないのが面白いところです。
オンラインカジノのゲームにはソフトウェア型の他にライブストリーミング型と言って、海外のカジノと生中継を繋いでリアルタイムでディーラーと勝負するタイプのものがあります。
そしてこのライブストリーミング型のブラックジャックでは、最新のランドカジノで採用されているシャッフルマシンなどの対策が取られていないケースがまだまだ多く見受けられます。
つまりカウンティング対策を取っていないライブストリーミング型ブラックジャックを探して利用すれば、攻略法を実際に試すことができるようになります。
自宅から参加するオンラインカジノであれば、暗記は難しくともカウンティングのメモを取ることは十分に可能です。

ブラックジャック攻略法を現実的に行うテクニック

ブラックジャック攻略法を現実的に行うテクニック
カウンティングのメモを取るとはいえ、全てのカードを把握するのはさすがに困難です。
そこで現実的なカウンティングのテクニックとして、ブラックジャックでのみ有効な「ハイローシステム」を使うことをおすすめします。
ハイローシステムとはカードを3種類にグループ分けして、残りカードの数字の偏りを予測していく攻略法です。
具体的には「10・J・Q・K・A」を-1点、「7?9」を0点、「2?6」を+1点として計算していきます。
全てのカードが均一な確率で出続けることはほとんどないため、ゲームが進むにつれてカウンティングした数字はプラスかマイナスのどちらかに偏っていくことになります。
数字がプラスに傾けば、まだ使われていない絵札が多く残っていると判断できます。
逆にマイナスに傾いているのなら絵札はほとんど残っていないと考えられるでしょう。
このハイローシステムによるカウンティングは必勝法と呼べるものではなく、あくまで勝率を上向かせるための攻略法です。
それでも運や勘だけで勝負するのと比べたら大きな武器を手にすることになります。

先人の知恵が詰まったブラックジャック攻略法

カウンティングはブラックジャック攻略法の基本ではありますが、やはり全てを自分で計算していくのは大変です。
そんな時に便利なのが「ベーシックストラテジー」と呼ばれる攻略法になります。
ベーシックストラテジーとは最初に配られたプレイヤーのカードとディーラーの1枚目のカードの数字によって、次に取るべき最善の行動をまとめたカンニングペーパーのようなものです。
とりあえずそれを見れば誰でも最適な次の一手がわかるため、初心者はまずベーシックストラテジーに従った行動を覚えるようにしましょう。
ただしベーシックストラテジーの名の通り、これは先人達が作り上げた基本戦略であって本当の勝負はそれを知ったところから始まることも忘れないようにしておきましょう。

ブラックジャックだけで終わらないオンラインカジノの攻略法

ブラックジャックだけで終わらないオンラインカジノの攻略法
ここまではブラックジャックというゲームに特化した攻略法の話でしたが、オンラインカジノを遊ぶ際にはカジノそのものの攻略法も押さえておきましょう。
いわゆるチップコントロールなどと呼ばれる投資法の数々は、ブラックジャックに限らずカジノ全般で役に立つ攻略法となっています。
最初はローリスク・ローリターンで賭け金をなるべく減らさない投資法を試しながら、少しずつオンラインカジノに馴れていくのがおすすめです。
慣れてきたらブラックジャック独自の攻略法と投資法を組み合わせて、着実に勝利金を増やしていくことを目指しましょう。”

有効な攻略法「マーチンゲール法」のメリット・デメリット

有効な攻略法「マーチンゲール法」のメリット・デメリット
オンラインカジノでしたら様々な攻略法が使え、その中でもシンプルなのにもかかわらず、強力な勝率アップ効果を期待できるのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法は、誰もが一度は聞いたことのある有名な攻略法ではありますが、そこにはメリットとデメリットの両方があることを忘れてはいけません。

効果があると聞いてマーチンゲール法を試してみたところ、最終的には莫大な損失を出してしまったというプレイヤーも多くいます。
そこで今回の記事では、オンラインカジノで有効な攻略法「マーチンゲール法」のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。
マーチンゲール法とは何なのか知りたい方はもちろん、オンラインカジノでの勝率をアップさせたい方の参考になれば嬉しいです。

そもそもマーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とは、負ける度に倍賭けを繰り返し、一度でも勝ったらその時点で利益が確定する攻略法です。
南フランスのマーティギュー地方出身の人物が初めて使ったとされ、その後マーチンゲール法という名称で世界的に広まったと言われています。

ただしあくまでも諸説であり、確実な由来は定かではありません。
マーチンゲール法の効果を発揮するのは「2倍配当/確率約50%」のゲームで、ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどです。
具体的に説明しますと、例えば1ドルから始めた場合、負けたら2ドル、その次も負けたら4ドル、その後も8ドル、16ドル、32ドルと倍々にベットしていきます。

途中で一度勝つことで損失分は全て回収され、最初にベットした金額分の利益が確定します。
つまり理論上は確実に勝つことのできる攻略法となります。
マーチンゲール法を使うメリット

マーチンゲール法を使うメリット

マーチンゲール法を使う最大のメリットが「確実な利益を得られる」ことで、資金力さえあれば理論上100%利益を得ることができます。
確率が約50%のため、よほど悪い展開が続かない限り、ほぼ確実に少しずつ資金を増やせます。

そしてもう1つのメリットが「シンプルで誰でも実践可能」という点です。
マーチンゲール法はベット金額を倍プッシュするだけのシンプルな攻略法ですので、わざわざメモを取ったり、難しい計算をする必要もありません。
初めてオンラインカジノで遊ぶ初心者の方でも簡単に実践可能です。
マーチンゲール法ほどシンプルなロジックが確立した攻略法は他にはありません。

マーチンゲール法を使うデメリット

メリットばかりが目に付くマーチンゲール法ですが、デメリットがあることも忘れてはいけません。
マーチンゲール法はローリスクローリターンではありますが、連敗が続くことでハイリスクローリターンへと変貌します。
かなりのハイリスクなのにもかかわらず、得られる利益は最初にベットした金額のみです。

例えば1ドルからマーチンゲール法を始めても、10連敗することで1,023ドルの損失を出しており、次ゲームでは1,024ドルをベットしなければいけません。
ここで的中すると2,048ドルが戻ってきますが、すでに2,047ドルを使用していますので、損失分の回収ができても利益は1ドルのみです。

これがマーチンゲール法を使う最大のデメリットと言えるでしょう。
マーチンゲール法を実践する際の注意点

マーチンゲール法を実践する際の注意点

マーチンゲール法を実践する際には、各ゲームで設定されているテーブルリミットに注意が必要です。
テーブルリミットとは最小ベット金額と最大ベット金額のことで、「MIN100ドル/MAX10,000ドル」のように表示されています。
マーチンゲール法で連敗が続くことでテーブルリミットに到達してしまい、どれだけ資金に余裕があったとしても、それ以上続けることができなくなります。

つまりとんでもない損失が発生しているのにもかかわらず、強制的にシャットアウトされてしまいます。
これが「理論上」100%勝てる攻略法と言われている原因で、テーブルリミットが存在する以上、100%勝つことはできません。
このように、マーチンゲール法を実践するためには十分な資金を用意するのはもちろんのこと、各ゲームで設定されているテーブルリミットにも注意しなければいけません。

まとめ

今回は、オンラインカジノで有効な攻略法「マーチンゲール法」のメリット・デメリットについてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
マーチンゲール法とは、負けたら倍プッシュを繰り返し、一度でも勝てば損失全回収と利益を得られる画期的な攻略法です。
やり方もとっても簡単ですので、初めてオンラインカジノで攻略法を実践する初心者の方でも全く問題ありません。

ただし資金ショートとテーブルリミットには十分に注意しなければいけません。
連敗が続くことでベット金額が増えていくため、途中で資金ショートしてしまったら元も子もありません。
テーブルリミットも各ゲームによって異なりますので、マーチンゲール法を実践する前にかならず確認しておきましょう。

このようにマーチンゲール法は、理論上確実に勝てる攻略法ではありますが、デメリットもあることを忘れてはいけません。
それを踏まえた上で、無理の無い範囲内でマーチンゲール法を実践しましょう。

ベラジョンの銀行送金での出金方法

ベラジョンの銀行送金での出金方法
ベラジョンカジノで勝利金を手にしたら出金をしてみましょう。
ベラジョンカジノで利用できる出金方法は、銀行送金・電子決済サービス・仮想通貨があります。
クレジットカードで入金を行なった場合のオススメの出金方法は銀行送金です。
新しく口座を作ったり手続きをする必要がないので、オンラインカジノ初心者の方はクレジットカードで入金、銀行送金で出金するのが手軽な方法です。
この記事ではベラジョンカジノの銀行送金での出金方法や手順、出金できない場合の原因や対処法を解説していきます。

ベラジョンカジノの特徴

ベラジョンカジノは、日本で人気No.1を誇るオンラインカジノです。
提供ゲーム数1,600種類以上あり、最新ゲームがいち早く先行配信されることが多いので新しいゲームで遊びたいという方にもオススメです。
日本人スタッフによる日本語サポート、お得なボーナスや選べる様々な決済方法といった、日本人ユーザーとって嬉しい待遇が豊富に用意されています。

オンラインカジノを始めるならまずはベラジョンに登録すれば間違いないでしょう。
無料版もあるので、お金を賭けるのにはまだ抵抗があるというオンラインカジノ初心者の方でも気軽にオンラインカジノを体験できます。

ベラジョンカジノで利用できる出金方法

ベラジョンカジノでは出金時に、銀行送金・電子決済サービス・仮想通貨が利用できます。
銀行送金で出金が行えるのはクレジットカードで入金を行なった場合のみで、基本的に入金時と同じ方法での出金になります。
出金できる金額は出金方法や、アカウント認証の有無で変わってきます。
アカウント認証前はすべての出金方法で出金上限金額が$10,000までです。
$10,000以上の金額を出金する予定がある場合はアカウント認証を済ませておくとスムーズに出金できます。
どの出金方法でも、1ヶ月あたりの出金上限金額は無制限です。
上限金額以上の出金をしたい場合は数回に分けることで上限額以上出金することができます。
ベラジョンカジノで利用できる出金方法
ベラジョンの銀行送金での出金(ローカル出金)
ベラジョンカジノでは、銀行口座へ直接銀行振込で出金することができます。
国内銀行であればほとんどの銀行に対応しています。
新しく口座を作ったりなどの登録の手間がかからないので、仮想通貨や電子決済サービスの口座を持っていない方や、作るのが面倒という方にオススメできる出金方法です。

1回あたりの最低出金額は$10、アカウント認証後の出金限度額は$45,000となっています。
アカウント認証前の出金限度額は$10,000です。
銀行送金での出金のメリットは、新たに口座を開設しなくても銀行口座があれば出金できる点とほとんどの国内銀行に対応している点が挙げられます。
デメリットを挙げると、出金時間が2〜4日程度掛かる点、出金金額に対して1.5%の手数料が掛かる点です。
しかし、国際送金の場合は手数料が割高になるので国内送金に対応しているベラジョンはお得と言えます。

ベラジョンカジノの出金手順

ベラジョンカジノで出金をするためには、まずベラジョンカジノトップページにアクセスします。
ページ上部のメニューをクリックし、メニューの「出金」の中から銀行送金を選択します。
次に、最低出金額か出金上限金額の間で出金したい金額を入力します。
口座名義人や口座番号の打ち間違いに注意して入力しましょう。
必要事項をすべて入力したら「出金する」をクリックします。出金申請中と画面が出たら出金申請完了です。

出金ができない場合によくある原因と対処法

ベラジョンカジノで出金ができない場合によくあるケースが、登録時のアカウント情報と出金申請時の個人情報が異なっている場合です。
偽名や他人名義で入出金をすることはできませんので、間違いのないように正しい情報を入力するようにしましょう。
ベラジョンで定められた出金条件をクリアしていない場合にも出金できません。
オンラインカジノではマネーロンダリング防止のため、入金した金額以上ベットしないと出金ができないようになっています。

また、ベラジョンでボーナスを出金する場合は、獲得したボーナスに対し20倍ベットが必要です。
仮想通貨、電子決済サービスで入金した場合、入金時と別の方法で出金することはできません。
出金に利用したい方法で入金をしましょう。
ベラジョンカジノは日本語サポート対応をしていますのでチャットかメールで問い合わせてみましょう。

まとめ

まとめ
ベラジョンカジノでは出金方法として、銀行送金・電子決済サービス・仮想通貨が利用できます。
オススメの出金方法は銀行送金での出金です。
多くのオンラインカジノでは銀行送金での出金はできませんがベラジョンではほぼすべての国内銀行に対応しています。

他のオンラインカジノの場合、クレジットカードや銀行送金で入金を行なった際は電子決済サービスで出金をする必要がありますがベラジョンでは電子決済サービスに登録しなくても出金ができます。
オンラインカジノ初心者の方は、クレジットカードで入金して銀行送金で出金する方法が一番手軽でオススメです。

ecoPayzのローカル入金(国内銀行送金)で入金する方法

エコペイズを利用してオンラインカジノで入金を行う際は、まずエコペイズへ入金を行いましょう。
エコペイズへはクレジットカードで直接入金することができないため、仮想通貨か銀行振込で入金を行います。
仮想通貨ウォレットを持っている場合はビットコインでの入金が手数料無料でオススメです。
それ以外の方はローカル入金(国内銀行送金)で入金を行います。
この記事では、エコペイズでのローカル入金の方法や入金時の注意点を解説していきます。

ecoPayz(エコペイズ)の特徴

ecoPayz(エコペイズ)の特徴
ecoPayz(エコペイズ)は、イギリスのPSI-Pay Ltd.という会社が運営している電子決済サービスです。
ヨーロッパを中心とした世界中で利用されているサービスで、日本語に対応しているオンラインカジノのほとんどで利用できます。
入金・出金のどちらにも利用できるのでオンラインカジノプレイヤーなら口座を持っておいて損はありません。
エコペイズにはスマホアプリがあり、スマホやタブレットからいつでも資金管理ができるので忙しい方でもさっと資金管理ができる点も嬉しいですね。
日本語対応していて安全性が高く、資金管理がしやすいエコペイズは多くのオンラインカジノユーザーから支持されています。

ecoPayz(エコペイズ)でのローカル入金方法

ecoPayz(エコペイズ)でのローカル入金方法
エコペイズへローカル入金(国内銀行送金)で入金を行うには国内銀行口座が必要です。
24時間365日即時入金対応のモアタイムシステムの導入によって、早ければ30分程度で入金が完了します。
ローカル入金の振込先は、Wire Pay(三井住友銀行)・Panda Pay(みずほ銀行口座)の2種類の振込先から選択できます。
どちらの振込先に入金する場合でも、入金したい金額に5%の手数料を含めた金額を振り込みます。
ネット銀行ならパソコン・スマホからの入金ができるので便利です。
お近くの銀行ATMから振り込むことも可能です。

ecoPayz(エコペイズ)へのローカル入金の手順
エコペイズへローカル入金で入金する手順を解説します。
パソコン・スマホのどちらからでも入金できます。
まずエコペイズへログインし、マイページ左側の「資金を入金」をクリックします。
エコペイズのアカウントを複数持っている場合は、入金したいアカウントを選択します。
次に資金追加方法を選択します。
「ローカル入金方法」を選び、Wire PayまたはPanda Payを選択します。
入金したい金額を入力し、この支払いに関して〜同意しますの項目にチェックを入れて「続行」をクリックします。
最低入金額は通貨によって変わります。
USDで$10、EURで€10、日本円で約1,300円程となっています。
レートにより変動するのでその都度確認をしましょう。
「続行」をクリックすると入金情報の確認確認画面が出るので、内容に間違いがなければ「確認」をクリックします。
「確認」をクリックすると、振込先口座情報が記載された支払い詳細画面が出ます。
こちらの画面に表示されている振込先へ入金したい金額に手数料5%を含めた金額を振り込んでください。
振込方法はネットバンク、銀行ATMのどちらでも入金できます。
入金先は以下の通りです。
三井住友銀行
東京第一支店(931)
普通口座
口座番号 6940653
口座名義 オーバーシーズ(カ
入金金額
振込先の情報は変更される場合もありますので、画面に表示されている振込先を確認しながら入金を行なってください。
振込が完了すると、早ければ30分〜1時間程度で入金した金額が反映され、登録メールアドレス宛に入金完了の通知メールが届きます。
エコペイズアカウントに入金した金額が反映されたら入金完了です。
エコペイズの口座からオンラインカジノへ入金ができるようになります。

ecoPayz(エコペイズ)でローカル入金を行う際の注意点

ecoPayz(エコペイズ)でローカル入金を行う際の注意点
エコペイズでローカル入金を行う際に注意したい点を解説していきます。
振込先を間違えないように注意
振込先に間違いがあると入金ができません。
振込先の銀行の情報が毎回同じとも限らないので、振込先情報が合っているかその都度確認して入金を行いましょう。
入金する金額に5%の手数料を上乗せした金額を振り込む
入金したい金額にあらかじめ5%の手数料を含めた金額を振込みます。
10,000円を入金したい場合、10,000円の5%の500円を足した10,500円を振込む必要があります。
使用通貨はオンラインカジノに合わせる
エコペイズでは、日本円の他にUSD(ドル)やEUR(ユーロ)などの通貨を所持できます。
オンラインカジノへ入金するために利用する場合は、入金をしたいオンラインカジノで使われている通貨と同じにしておけば、為替手数料がかからないのでお得です。

まとめ

ecoPayz(エコペイズ)を利用してオンラインカジノへ入金する際は、ローカル入金を利用すればネットバンクからでも銀行ATMからでも振込みができて便利です。
仮想通貨ウォレットやクレジットカードを持っていなくても、国内銀行口座があれば入金ができるのでどなたにもオススメできる入金方法です。

違法ネットカジノで逮捕者が出た事例と摘発後の流れを解説

日本国内におけるカジノ施設の運営や、カジノゲームでギャンブルを行うことは2021年9月の時点では法律で禁止されています。
マスメディアなどでは違法ギャンブルの摘発で逮捕者が出たというニュースがたまに報じられていることから、ネットカジノも違法なのでは?と誤解している少なからず方もいるようです。
過去に違法のネットカジノを利用して逮捕者が出たことはありますが、あくまでも前例であり、裁判結果に基づく判例ではありません。

ここでは、違法ネットカジノで逮捕者が出た事例と摘発後の流れを解説していくので、ぜひ参考にしてください。

初めてネットカジノ利用者が摘発されたNetBanQ事件

初めてネットカジノ利用者が摘発されたNetBanQ事件
ネットカジノの利用者が初めて摘発を受けたのが、2016年2月に起きた「NetBanQ事件」です。

ちなみにNetBanQはネットカジノではなくオンライン決済サービスで、ネットカジノの入出金に利用されており日本国内を拠点に運営を行っていました。
当初、逮捕されたNetBanQ運営者は偽エラーコインを販売したという詐欺容疑でしたが、その後、ネットカジノの運営も行っていたことが発覚し再逮捕となりました。

このような流れの中、捜査当局はNetBanQの利用者である数人のネットカジノ利用者に狙いを定めて家宅捜索を実施しました。
捜査当局はNetBanQが国内を拠点とした違法のネットカジノを運営していたと断定し、そこの利用者に関しても単純賭博罪を適用できると考え、摘発に踏み切ったという訳です。

NetBanQ摘発とその後の流れ

NetBanQ運営者の関しては、偽エラーコインの販売に加えネットカジノを運営していた疑いもあり逮捕されました。

しかしネットカジノの利用者に関しては、結果的に家宅捜索に留まり逮捕されることはありませんでした。
それでも利用者たちにも単純賭博罪を問われる結果となり、最終的に略式起訴で罰金10~20万円を支払うという決着となったのです。
略式起訴というのは、被疑者の同意の元で検察が裁判所に略式起訴の請求を行い、裁判所がこれを認めれば略式命令が下されるというもので、罪を認めて面倒な裁判を避けられるというメリットがあります。

しかし被疑者となった一部の利用者は、略式起訴に同意せず裁判で争うことを選択しました。
結果的に検察側が裁判を避け不起訴処分となりました。

つまり検察側は裁判で勝てないと踏んだのであり、NetBanQはあくまでもオンライン決算サービスであり、利用者が遊んでいたネットカジノは海外を拠点としており違法性は無いという利用者の主張が証明されたのです。

3人のネットカジノプレイヤーが逮捕されたスマートライブ事件

3人のネットカジノプレイヤーが逮捕されたスマートライブ事件
NetBanQ事件の翌月には、ネットカジノの利用者3人が逮捕されて大きなニュースとなり、ネットカジノ界隈は騒然としました。
これがいわゆる後に有名となる「スマートライブ事件」で、逮捕された3人は海外を拠点と知るネットカジノを自宅で楽しんでいただけでした。

先のNetBanQ事件では、運用者が詐欺行為で逮捕されましたが、家宅捜索を受けたネットカジノの利用者の一部は関しては、略式起訴に同意せず不起訴処分を勝ち取っています。
立て続けにネットカジノをめぐる摘発が起きたことで、ネットカジノの利用者の間に衝撃が走りました。

スマートライブ事件で逮捕者が出た理由

すでに似たような事件で、ネットカジノの利用者が不起訴処分を勝ち取ったにも関わらず、なぜ当局は再び3人の逮捕に踏み切ったのでしょうか。
今回の場合は前回のNetBanQ事件と少し事情が違い、逮捕された3人は日本人用のネットカジノを利用していたことが大きなポイントとなっています。

3人が利用していたのは、 スマートライブカジノというイギリスを拠点する合法ネットカジノで特に問題はありませんでしたが、このネットカジノは提供していた日本人向けのサービスが問題視されたのです。
このサービスは日本人が利用する時間帯に営業を行い、ディーラーも日本人を採用するなどしており、捜査当局は日本国内で運営されていると判断して逮捕に踏み切ったのです。

結果的に3人は単純賭博罪を認めて略式起訴となり、10~20万円の罰金が科せられました。

2つの事件を教訓にしたネットカジノの正しい遊び方

2つの事件を教訓にしたネットカジノの正しい遊び方
海外を拠点としたネットカジノを利用することに関して、日本国内ではこれを取り締る明確な法律が存在していないので、現時点では違法性はありません。
しかしながらネットカジノを合法だと認定する法律もないので、グレーゾーンという、あくまでも黙認状態であることに注意しなければなりません。
つまり法的解釈によっては、これまで説明してきた2つの事件のように、違法性が問われて逮捕される可能性もあるということです。

しかし現段階ではネットカジノに関する法整備が行われる動きもなく、しばらくは心配する必要はなさそうです。
現段階でネットカジノの利用者ができる自己防衛は、SNSなどネット上でネットカジノを利用していることを不必要に発信するなど、変に目立つようなことをしないことです。

まとめ

違法ネットカジノで逮捕者が出た事例と摘発後の流れを解説してきましたが、参考になったでしょうか?
ネットカジノの利用者が略式起訴で罰金を科せられたのも事実ですが、不起訴処分で事実上の無罪となった利用者もいて、法的な判断は曖昧さを残している状態です。

その一方で最近では、日本国内でもネットカジノは手軽な娯楽として認識が高まっているなど、以前よりも人々の理解は深まっています。
現状では海外拠点の合法ネットカジノで遊ぶことで違法性を問われることはありませんが、近い将来ネットカジノに関する法整備が進み、何らかの変化が起きる可能性は否定できません。

電子決済サービスとして便利な機能が多いアイウォレット

電子決済サービスは最近のインターネットを利用する際にかなり便利なものとして使われていますが、中でもアイウォレットやエコペイズは色々な場面で利用可能なために人気があることで有名です。
インターネットの取引だけではなく、オンラインカジノの入出金でもこれらの電子決済サービスは使用できるのですが、今回は上述の2つのものを比較検討していきます。

アイウォレットの基本的な機能

アイウォレットは香港の会社が運営をしている電子決済サービスであり、世界中の買い物や取引で使うことができます。
入金はVISAとマスターカードクレジットカードで可能であり、他にも銀行振込、バウチャークーポン、ビットコインで入金することが可能です。
出金は収納代行サービスや銀行振込、ATMからの引き落としなどが可能であり、かなりフレキシブルに入出金をすることができるのが特徴です。

エコペイズとの違いについて

エコペイズとの違いについて
電子決済サービスとしてもう1つ有名なものにはエコペイズがあります。
このエコペイズはイギリスの会社が運営をしておりこちらも信頼性の高いものとして人気があります。
入金方法はローカル入金という銀行振込とビットコインとエコバウチャーという方法が用意されています。

2つのメリットとデメリット

2つのメリットとデメリット
まずはアイウォレットのメリットとデメリットから見ていきましょう。
アイウォレットは出金方法がかなり豊富となっており、自由に引き出すことができるのが大きなメリットとなっています。
そういった関係性から現金化をすることにも便利な電子決済サービスとなっているので、幅広い使い方をすることが可能です。

アイウォレットのデメリットとしては、今現在の状況だとオンラインカジノでは使用することができないというデメリットがあります。
サーバーのトラブルなどがりメンテナンスなどが何度も行われてしまったことから、オンラインカジノ方面ではあまり信頼性が高いものではないと判断されてしまったために、現在では扱っているオンラインカジノは少なくなっています。

次はエコペイズのメリットとデメリットについて見ていきましょう。
エコペイズは入金方法が豊富であり信頼性も高いものとなっているので、安心して手続きをすることが可能です。
日本語サポートもしっかりとしていますしアプリでの管理も簡単になっているので、初心者の人でも安心して使えます。
デメリットに関しては出金方法が銀行振込に限定されてしまうのでやや柔軟性が低いという点にあります。

またエコペイズはオンラインカジノでも使用可能な電子決済サービスとして多くのお店で導入されていますが、入金方法は気を付ける必要があります。
エコペイズの入金をクレジットで利用するとオンラインカジノなどのギャンブルサイトで使用することができなくなる仕組みになっているので、もしオンラインカジノで入出金方法として使う時にはエコバウチャーをクレジットで購入するといいでしょう。

どちらがおすすめの電子決済サービスなのか

どちらがおすすめの電子決済サービスなのか
アイウォレットもエコペイズも電子決済サービスとしてはとても信頼性が高いものであり、通常のネットの買い物や取引に使う目的ならばどちらでも大丈夫となっています。
しかしオンラインカジノなどのギャンブルサイトで使うとなると両方とも注意する点があるので、事前に調べておくとより安心です。

アイウォレットはサーバーのトラブルが多くメンテナンスが多発していることから、現在では扱うオンラインカジノは少なくなっています。
エコペイズは扱っているオンラインカジノはかなり多いのが特徴ですが、これらのことからオンラインカジノでの使用を考えているならば、エコペイズの方が扱っているお店が多いのでおすすめです。

対応しているオンラインカジノについて

アイウォレットは扱っているオンラインカジノが少ないのですが、有名なお店としてはカジノシークレットやインターカジノで使用可能となっています。
エコペイズはは扱っているオンラインカジノがかなり多く、ベラジョンカジノ、ジパングカジノ、カジノシークレット、カジ旅など色々なお店で使うことができます。

電子決済サービスとしてはどちらも便利なものとなっています

アイウォレットもエコペイズも電子決済サービスとしては信頼性が高いものであり、セキュリティ面も高いためにネットの手続きや入出金に関しては持っておくと色々と便利なサービスとなっています。
オンラインカジノは実際にお金を賭けるという性質から電子決済サービスの素早い入出金はとても相性が良いものであり、どちらか1つを持っておくと便利ですし、口座開設料金はどちらも無料なので幅広いオンラインカジノをカバーする目的ならば2つ同時に持って管理するのもおすすめです。

多くのオンラインカジノで大人気のおすすめスロットマシン

オンラインカジノでは星の数ほどのスロットマシンを導入しており、また現在でも怒涛の勢いで新作ゲームが続々とリリースされています。
クラシックスロットマシン、ビデオスロットマシン、ジャックポットスロットマシンなどなど、ジャンルも様々で、最近ではパチスロのようなスロットマシンも登場しています。
あまりにも数が多いため、どのスロットマシンで遊んだら良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

そこで今回の記事では、多くのオンラインカジノで大人気のおすすめスロットマシンをまとめてみましたので、スロットマシン選びの参考になれば嬉しいです。

スターバーストエクストリーム

スターバーストエクストリーム
スターバーストエクストリームは、人気スロットマシン「スターバースト」の正統後継機であり、ネットエント社がリリースしています。
スターバーストと言えばフリースピンボーナスやジャックポットボーナスを搭載していなく、左右どちらからでも配当が得られるのが魅力のスロットマシンです。
現在でも多くのオンラインカジノに導入されており、名機的な存在となりました。

このスターバーストエクストリームは、基本的なゲーム性は同じですが、最大200,000倍というマルチプライヤー(配当倍率の変動)が搭載されています。
つまりたった1ドルのベットでも、見事200,000倍を獲得することで、一撃で200,000ドルもの大金を手にすることができるのです。
非常にボラティリティレベル(変動の大きさ)も高いので、スロットマシンにギャンブル性を求めている方におすすめです。

ハワイアンドリーム

ハワイアンドリーム
ハワイアンドリームは、日本のパチスロをイメージしたスロットマシンで、日本人向けに多くのスロットマシンを開発しているJTGからリリースしています。
パチスロのように3リール×3行のオーソドックス型のリール構成で、縦横斜めに絵柄が揃った時に配当を得られます。

また沖スロでお馴染みのハイビスカスがリール上部に描かれており、これがピカッと光れば何らかのボーナスが確定します。
ベースゲーム中にリスピン絵柄が3連続で揃うことでラッシュ確定となり、そこからは怒涛の勢いで払い戻されます。

見た目や演出こそパチスロにそっくりですが、もちろんリール停止は自動となりますので、ストップボタンは搭載していません。
パチスロとスロットマシンを見事に融合したハワイアンドリームは、パチスロプレイヤーにもオンラインカジノプレイヤーにもおすすめのスロットマシンです。

ミリオネア

ミリオネアは、テレビのクイス番組でお馴染みの「クイズミリオネア」をモチーフにしたオンラインカジノのスロットマシンです。
ジャックポットボーナスは搭載していませんが、ミリオネアには最大50回のフリースピンボーナスを獲得するチャンスがあります。
通常のスロットマシンの場合、フリースピンボーナスが発動したら、最初に決められた固定回数のみのスピンとなりますが、ミリオネアは発動前にギャンブルタイムがあります。
ギャンブルタイムに参加せずに降りた場合には8回のみとなり、そこから4択のクイズに成功する度に、数回転ずつ上乗せされていきます。

ただし途中で失敗してしまった場合には0回となり、ベースゲームに戻ってしまいます。
もちろんクイズと言いましても、実際にクイズに答えるのではなく、ただの4択の選択ゲームですので、クイズが苦手な方でも勘だけを頼りに進めていくことができます。

メガムーラ

メガムーラ
メガムーラは、大手ゲームプロバイダーのマイクロゲーミング社からリリースされたオンラインカジノのスロットマシンで、2006年に登場してから今でも変わらず世界中から人気があります。
人気の理由はジャックポットボーナスで、過去に幾度となく多額のジャックポットボーナスを排出しており、最高24億円を叩き出しています。
現在のようにド派手な演出や特別なフィーチャーを搭載しているわけではなく、フリースピンボーナスのみのシンプル仕様です。

つまりベースゲーム中の小役やフリースピンボーナスでクレジットを増やしつつ、ジャックポットボーナスを待つのがメガムーラのセオリーとなります。
オンラインカジノのスロットマシンを語るなら絶対に外せないメガムーラ、是非チャレンジしてみてください。

まとめ

今回は、多くのオンラインカジノで大人気のおすすめスロットマシンを4つご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
名機スターバーストのギャンブル性を高めた「スターバーストエクストリーム」、パチスロをモチーフにした「ハワイアンドリーム」、フリースピンボーナスの回数をギャンブルで決める「ミリオネア」、そして怒涛のジャックポットボーナスが魅力の「メガムーラ」など、オンラインカジノには楽しいスロットマシンが揃っています。

もちろんここでご紹介したスロットマシン以外にも、楽しいスロットマシンは数多くありますので、是非チャレンジしてみてください。
また新作ゲームをいち早くプレイしたい場合には、ベラジョンカジノやカジ旅などの大手オンラインカジノへ登録することで、先行導入のスロットマシンと出会えるかもしれませんのでおすすめです。

ジパングカジノのサポートとボーナスの評判についてを徹底調査

オンラインカジノの選び方としては入出金やサポート、ボーナスといった、それぞれのオンラインカジノ業者の個性が出る部分です。
ゲームに関してはオンラインカジノ業者ではなく、プレイテック等のゲーミング会社が制作していますので、異なるオンラインカジノでも同じゲームを楽しめたりするのですが、ボーナスやサポートはオンラインカジノ独自のもの。
つまりはそれらこそ、プレイヤーの判断材料となる部分であり、評判を形成する部分になります。

ジパングカジノのサポートの評判

ジパングカジノのサポートの評判
ジパングカジノのサポートはメール、チャット、そして電話の3種類に対応しています。
もちろんいずれも日本語に対応していますので、プレイヤーの好きな方法でのサポートを受けることができます。

特筆すべき点として、いずれの方法も24時間体制です。
メールでの24時間体制は決して珍しいものではありませんが、チャットや電話においても24時間対応となっている点はジパングカジノならではな部分です。
ちなみに電話に関してはフリーダイヤルとなっているので通話料はかかりませんし、スマートフォンからの通話も可能です。
チャットにせよ電話にせよ、24時間日本語対応となっていますので、いざやもしもの時に、迅速な解決が期待できます。

多くのオンラインカジノでは電話は用意されていませんし、チャットに関しても日本時間の夜、プレイヤーが増えるコアタイムのみの対応のオンラインカジノが多い中で、24時間対応で用意している点はジパングカジノの特徴であり、高い評判を生んでいます。

ジパングカジノのボーナス

ジパングカジノのボーナス
ジパングカジノのボーナスは初回入金ボーナス、そして既存プレイヤーに対してのボーナスの二種類が用意されています。

初回入金ボーナスは他の多くのオンラインカジノでも用意されているもので、いわば新規プレイヤーに向けてアピールするボーナスですが、生ものボーナス、早朝ボーナス、マンスリーボーナスのように、既存プレイヤーに向けてのボーナスが充実している点はジパングカジノならではな部分です。

もちろんボーナスに関しては、他のオンラインカジノ同様ある程度の条件が課せられているものの、既存プレイヤー向けにはボーナスを用意していないオンラインカジノも多いです。
新規向け以外のボーナスも充実しているジパングカジノは既存プレイヤーのことを大切にしているオンラインカジノであることが見えてくるのではないでしょうか。

ジパングカジノの入金や出金に関して

入金・出金もまた、オンラインカジノを楽しむためのポイントとなりますが、ジパングカジノではエコペイズとペイトラの二つの電子決済サービスに対応しています。
エコペイズに関しては他の多くのオンラインカジノに対応しているものなので既に登録・利用しているオンラインカジノプレイヤーも多いのではないでしょうか。
一方のペイトラですが、こちらは対応しているオンラインカジノが少ないです。

むしろ日本語対応しているオンラインカジノの中で対応しているのはジパングカジノの他には僅かではありますが、裏を返せば伸び代のある電子決済サービスだと考えることもできます。
ちなみにエコペイズはイギリスの金融行動監査機構から、ペイトラは香港の当局からそれぞれ認可を受けて営業していますので、安全性に関しては両者ともに申し分ありません。
ちなみに入金に関してはクレジットカードにも対応しているのですが、カードによっては利用できないケースもあります。
そして利用できるクレジットカードなのかは、実際に試しみないと分かりません。

これはジパングカジノの問題ではなく、クレジットカードを発行している会社側の問題になります。
また、クレジットカードは出金には対応していませんので、ジパングカジノでスムーズな入出金をと考えると、電子決済サービスであるエコペイズやペイトラの方が無難です。

ポイント制度も評判

ポイント制度も評判

ジパングカジノには「コンプポイント」と呼ばれるポイントサービスが用意されています。
コンプポイントとは、ゲームにベットすることで加算されるポイントです。
つまり、ジパングカジノを楽しめば楽しむほど、加算されます。

ちなみにコンプポイントは10ドルで1ポイント貯まり、95ポイント貯まると1ドルに還元できます。
950ドルで1ドルが返ってくることになりますので、還元率に関してはさほど高いとは言えませんが、そもそもこのような形でのポイント還元サービスを用意しているオンラインカジノが珍しいです。

ジパングカジノはユーザビリティに優れたオンラインカジノ

ボーナス、サポート、そしてコンプポイント制度。
これらに共通しているのは、プレイヤーのことを考えてくれている点です。
ジパングカジノは決して新規プレイヤー獲得だけに力を入れているのではなく、既存プレイヤーに対しても充実したサービスを提供。
ボーナスにせよサポートにせよ、他のオンラインカジノにはない既存プレイヤーへの優遇措置がみられることから、新規プレイヤーから古参プレイヤーまで楽しめるオンラインカジノです。