ギャンブル界にも押し寄せた技術革新の波

インターネットが私達の生活を大きく変えましたが、その使い方に色々なものがあります。
その1つにネット対戦型ゲームのようなオンラインゲームがありますが、ギャンブル業界も、インターネットのおかげ大きく様変わりをしています。
その典型例がオンラインカジノですが、これは本場ランドカジノでプレイする感覚で、ポーカーやブラックジャックなどのテーブルゲームからスロットでお金を賭けて配当金を稼ぐことができるのです。

現在において、場所や時間の制約を気にせずオンラインカジノに参加できるのも、ソフトウェア会社のおかげです。
では、そのソフトウェア会社としては、どのような所があるのでしょうか?

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社は、数多いゲームプロバイダー の中でも、常にNo.1の地位に君臨していトップランナーと言える企業です。

このマイクロゲーミング社は、1994年に創立されてからオンラインカジノ業界で、ゲームプロバイダーとしての確固たる地位を築いてきました。
しかも、その地位にいながら現在でも多種多様なゲームを積極的にリリースし続けており、多くのカジノやプレイヤーから愛されている存在です。
マン島に拠点にして、常にオンラインカジノ業界を牽引しているパイオニア的な存在でもあります。

マイクロゲーミングと提携しているオンラインカジノは、ペイアウト率公開、サーバー安定運用上、スピーディーな払い戻し対応と、手厚いユーザーサポートで評価されていますが、これもマイクロゲーミング社のバックアップがあるからこそです。

ペイアウト率の公開については、大手会計事務所が監査を行い毎月公開されていますので、抜群の信頼性があることは言うまでもありません。
ゲーム毎に結果が確認できますし、過去の履歴を細かくチェックできることからも便利で安心できるのです。

同社のゲームは、すでに600種類を超えて200ヶ所以上のオンラインカジノサイトで採用されています。
タイプとしては、ダウンロード型だけなくflash版などもあり、マルチのプラットフォームでハイレベルのゲームを提供しています。

マイクロゲーミング社は高い技術力を活かしてゲームを開発しているために、ライセンス料や使用料が同業他社より高い設定になっています。
しかも、カジノサイトとの契約前に厳正な審査を行っているので、資金力が豊富なカジノとしか契約をしないのです。
その結果、同社のステータスを高めているのです。

プレイテック社

1999年に創立されたプレイテック社も、高いグラフィックやサウンド性能品質で、新しい機能を搭載したゲームで人気を集めている新進気鋭のソフトウェア会社です。
本場ランドカジノのゲームもリリースしており、世界12ヶ国で3,000人以上のエンジニアを雇用しているグローバル展開をしているゲーム企業でもあります。

日本におけるゲームの80%は同社のもので占めており、カジノライセンス発行で有名なイギリスのマン島で設立されてから以降、飛躍的な成長を遂げて2006年にはロンドン株式市場に上場を果たしています。

プレイテック社が提供しているソフトは、グラフィックとサウンドの質が高くなっているために、プレイヤーからすると構成がシンプルな反面、プレイしやすい仕様となっていますが、オンラインカジノゲームで有名になったのはマーベルシリーズです。
アメコミキャラが表示されているスロットであれば、それはプレイテック製と思ってもいいくらいでしょう。

また、スロットだけでなくビデオポーカー、テーブルゲーム、ライブカジノゲームのシステムまで全方位でコンテンツを作っています。
これらのゲームで実際にプレイしてみると、スロットでもビデオポーカーでも、そのインパクトの強さに引き込まれてしまいます。

ネットエント社

ネットエント社は1996年にスウェーデンで設立されたゲームプロバイダで、多くのオンラインカジノプレイヤーから評価を得ています。
同社のゲームはシンプルな作りで、誰でも操作しやすい点に定評があります。

ネットエントがこれまで発表してきたゲームコンテンツは、シンプルな構成なのですが、オリジナリティーな作りで面白い内容になっていると言われています。
プレイ画面の視認性も良いだけでなく、コインベット表示や獲得した賞金の状態などをすぐに把握できるシステムになっているので、初めてプレイする人でも手軽に遊べる点も興味深い点です。

同社のゲームソフトは、アプリをダウンロードすることなくプレイができる点も特徴的。
世界でネットエントの名を轟かせたののも、このノーダウンロードアプリによるところが大きいのです。

顧客からの信頼を重視した活動も取り組まれており、開発ゲーム作品には、テクニカルシステムテストとナショナルラボラトリーサイエンスという第三者機関の認定も受けています。
乱数発生プログラムの検査では、不正なプログラムが混入されていないかの審査を受けています。
ここで問題がないと証明されることで、公平性なゲームとしてリリースされるわけです。
信頼の高い同業他社でも、どちらかの機関の認可を取れば良いとされていますが、ネットエントの信頼へのこだわりは、この点からも理解者できるのです。