夢のあるギャンブルを提供しているソフトウェア

マイクロゲーミングの成り立ち

オンラインカジノは複数の会社が関わり支え合うことによって成り立っています。
実際にオンラインカジノを運営する運営会社、入出金の管理を担う決済会社、ゲームのソフトウェアを提供しているソフトウェア会社。
オンラインカジノはこの3つの会社がそれぞれに業務を担うことによって成り立っています。
そのオンラインカジノを支える3つの会社の中でもプレイヤーにもっとも大きな影響を与えるのがソフトウェア会社です。

プレイヤーにとってはゲームの内容と賞金がなによりも重要なので、魅力的なゲームを揃えているオンラインカジノほど高い人気を得ています。
そのため、オンラインカジノのソフトウェア会社はオンラインカジノにとってだけでなく、プレイヤーにとっても大切な存在となっています。
そうしたオンラインカジノのソフトウェア会社の中でもトップに君臨しているのがマイクロゲーミングです。

マイクロゲーミングは1994年にイギリス領のマン島にて誕生しました。
1994年はオンラインカジノが誕生した年でもあり、マイクロゲーミングはそのオンラインカジノの誕生にも大きく貢献しています。

オンラインカジノはインターネットの普及に伴いその人気を高めてきました。
そして、その人気の上昇の裏ではソフトウェア会社の入れ替えが激しく、短期間で名前を聞かなくなるソフトウェア会社も少なくはありませんでした。
しかし、マイクロゲーミングは設立された1994年から現在に至るまで、オンラインカジノのソフトウェアシェアトップの座をキープしています。

オンラインカジノのソフトウェア会社の中で最も古い会社でありながらも、これほどまで長くトップの座をキープできているのは、常に時代の先端をいくゲームを開発してきたからです。
しかもマイクロゲーミングのゲームは内容、映像、音楽、どれをとってもクオリティが高いので、こうしたクオリティ面の高さもマイクロゲーミングが人気のソフトウェア会社となっている理由です。

ライセンス料の高さが信頼の証

オンラインカジノの運営会社は、ソフトウェア会社にゲームのライセンス料を支払いゲームを借り受けています。
マイクロゲーミングのライセンス料は他のソフトウェア会社よりも高めに設定されているため、資金に余裕がないオンラインカジノはライセンス契約を結ぶことができません。

ライセンス料を安く設定すればそれだけ多くのオンラインカジノで採用されることになり、それだけ知名度を上げることができます。
オンラインカジノのソフトウェア会社の中でも有名なプレイテックは、一時期ライセンス料を安くしたことで数多くのオンラインカジノに採用されました。

しかし、資金力に余裕がなく安全とは言えないオンラインカジノにも採用されることになり、結果自社の評判を落としてしまうことになりました。
マイクロゲーミングは人気が高まるにつれライセンス料を高くしてきましたが、そのクオリティの高いゲーム開発により、ライセンス料が上がっても採用するオンラインカジノが離れていくことはありませんでした。
そして現在においてはそのライセンス料の高さがマイクロゲーミングの安全性、信頼性の証にもなっています。

高額なライセンス料を支払えるオンラインカジノはそれだけ資金が潤沢なので、わざわざ不正などを行わなくても十分利益を出していくことができます。
そのため、マイクロゲーミングを採用しているオンラインカジノは不正やトラブルのない優良と呼ばれるオンラインカジノがほとんどを占めています。

目玉となっているプログレッシブジャックポット

マイクロゲーミングはゲーム数の多さでも知られています。
現在においても月に3本以上の新ゲームを開発していて、そのゲーム開発は留まることを知りません。
そうしたマイクロゲーミングのゲームの中でも目玉となっているのがプログレッシブジャックポットです。

マイクロゲーミングのみならず、オンラインカジノのソフトウェア会社はプログレッシブジャックポットに力を入れています。
オンラインカジノのプレイヤーの多くがプログレッシブジャックポットを狙っているので、その人気の高さからどこのソフトウェア会社もプログレッシブジャックポットにはいっそう力を注いで開発しています。
プログレッシブジャックポットの賞金は1億円を超えるほど高額になることがあるため、まさに一攫千金狙いにはぴったりのゲームです。

しかしマイクロゲーミングのプログレッシブジャックポットは1億円どころからなんと10億円を超えることがあります。
過去には20数億円という驚くべき金額を手にしたプレイヤーもいて、マイクロゲーミングのプログレッシブジャックポットは夢のあるゲームとして知られています。
これほど高額な金額をギャンブルで得ようとすると他には宝くじしかありません。
しかし宝くじのペイアウト率は40%以下と非常に低く設定されているので、高額賞金を引き当てるのは夢のまた夢の話となります。

ところがオンラインカジノのソフトウェアの場合、ペイアウト率は90%以上に設定されているので宝くじよりも資金を無駄にすることなく、高額な賞金を狙いに行くことができます。
マイクロゲーミングはゲームを通し夢を夢で終わらせることなく、現実味のある可能性として提示してくれていることから、その人気は本拠地を置くヨーロッパのみならず世界的なものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です