公正で安全という認識を得るための仕組み

オンラインカジノは政府により認可されているギャンブル

オンラインカジノは政府により認可されているギャンブル

オンラインカジノほど高い人気を得ているギャンブルは世界中どこを探してもないでしょう。

オンラインカジノの人気の理由としてまず先に挙げられるのがペイアウト率の高さです。
オンラインカジノのペイアウト率はその他のギャンブルと比べてずば抜けて高く、なんと95%を超える驚異的なパーセンテージとなっています。
ペイアウト率が低ければ低いほど運営側に利益が入り、逆に高いほど運営側の利益は減っていきます。
なぜオンラインカジノがこれほど高いペイアウト率で運営を続けていられるのかというと、それは実際のカジノよりも運営にかける費用が少なくすむからです。

実際のカジノの場合は家賃、人件費に加え、豪華絢爛な内装設備費用も必要となります。
しかしオンラインカジノの場合は、オンライン上に賭場を設けるため、実際のカジノのように高額な費用を必要とせず運営することができます。
オンラインカジノはこうして費用を安く抑えられている分をペイアウト率に還元し、ギャンブル業界トップのペイアウト率を実現することができています。

また、オンラインカジノはペイアウト率の高さ以外にも人気を得ている理由があります。
その理由というのが信頼できるギャンブルだということです。
オンラインカジノはその運営をカジノを合法とする国の政府より認められています。
オンラインカジノを運営するには、政府による厳しい審査をクリアし、運営を認めるライセンスを発行してもらわなければなりません。
この政府発行のライセンスこそがオンラインカジノをギャンブルとして成り立たせている信頼の証となっています。

しかし、世界にはそうした政府発行のライセンスを持たずに運営をしているオンラインカジノもあります。
そうしたライセンスを持たないオンラインカジノは、払い戻しができないなど不正を働いている可能性がありますので、オンラインカジノを選ぶときは政府発行のライセンスの有り無しで選ぶようにしましょう。

複数の会社が関わり成立している

複数の会社が関わり成立している

オンラインカジノの運営は運営会社のみで行っているわけではありません。
ソフトウェア開発を行うソフトウェア会社、入出金等を担う決済会社、不正を防止し公正さを監視する監査機関。オンラインカジノはこうした複数の会社が関わりを持ち成り立っているギャンブルです。
こうした複数の会社による運営方法の理由は、互いにプロフェッショナルなサービスを提供することで不正が入り込まない環境を作り出すことにあります。

オンラインカジノの運営を支える会社のうち一社でも不正を働いてしまうと、その不正が原因でその他の会社も悪質なサービスを行っている会社であると判断されかねません。
そのためオンラインカジノの運営に関わる会社は、他の会社に迷惑をかけないようにするためにも不正のない誠実で質の高いサービス提供を心懸けています。
こうした各会社の心懸けによってもオンラインカジノは信頼できるギャンブルとして世界的に認められています。

ライセンス発行後の監視を担う監査機関の存在

オンラインカジノを運営するには政府による厳しい審査をクリアすることが必須ですが、そのライセンス発行後も安全で安心できるサービス提供を行っているかどうかのチェックが続きます。

オンラインカジノを含むオンラインギャンブル業界には不正を監視するための監査機関が存在します。
監査機関の監査も運営ライセンス取得並みに厳しく、一流と呼ばれるオンラインカジノでもすべての監査をクリアできないこともあります。
そうした監査機関の中でもとりわけ厳しい監査を行うことで知られているのがeCOGRAです。

eCOGARAはイギリスに拠点を置く独立非営利機関で、eCOGARAの認定を受けているオンラインカジノは100%安全であると言われているほどその監査内容は難しく信頼できるものとなっています。
こうしたeCOGARAをはじめ監査機関が存在することによって、オンラインカジノは運営後も常に安全に楽しめるギャンブル提供を行うことができています。

オンラインカジノの利用は違法にはあたらない

オンラインカジノの利用は違法にはあたらない

オンラインカジノ自体の安全性についてはご理解頂けたと思いますが、日本国内からの利用は違法にあたらないのかと心配されている方もいらっしゃると思います。
先に結論を述べると、オンラインカジノの日本国内からの利用は違法にはあたりません。

オンラインカジノには、日本国内のギャンブルを取り締まる賭博罪に当てはまる部分が1つもありません。
そのため、日本国内から利用しても賭博罪によって裁かれることはありません。
そもそも、賭博罪が適用されるには胴元が国内にいなければなりません。
オンラインカジノの胴元である運営会社は海外にあり、賭場となるサーバーも海外にあります。
こうした環境がまずベースにあるので、日本国内からの利用はカジノ合法国へ海外旅行に行きカジノを訪れる場合と変わりありません。

このように法律上の問題においてもオンラインカジノの利用は問題ありませんので、オンラインカジノは日本国内からの利用においても安全で安心できるギャンブルと言うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です