ベラジョンカジノで知りたい出金の方法やコツの紹介

ベラジョンカジノは人気のオンラインカジノとして知られています。
このベラジョンカジノで知っておきたいのは出金、やはりオンラインカジノをプレイするための目的として重要なのは利益を出すことです。

利益をスムーズに出金させる方法を知らずにプレイしてしまうとベラジョンカジノのような大手であっても出金トラブルを起こしてしまうことは珍しくありません。
そこで今回はベラジョンカジノの出金というテーマで、どのような流れで出金を行い、出金をするためのコツや注意点についても紹介します。

ベラジョンカジノの出金の基本的な流れ

ベラジョンカジノの出金の基本的な流れ
ベラジョンカジノの出金の基本的な流れとして、アカウント認証、決済手段の選択、各手段によって金額などを入力することが挙げられます。

アカウント認証とは、アカウントの入力内容と実際の身分証明などの情報が一致しているかの審査を受けることです。
この認証を行わないとベラジョンカジノでは出金できないので注意しましょう。
基本的に本人確認と住所確認、クレジットカードで入金した場合はカードの両面の画像を送付する必要があります。

手順は、ベラジョンカジノのマイアカウントから「アカウント認証」をクリックまたはタップします。
専用のフォームに移動するので、そこでそれぞれの画像をアップロードしましょう。

まず、本人確認書類は運転免許書(両面)、パスポート(写真付きページ)になります。
これらは反射した画像ではなく、しっかり内容が写っているものを選びましょう。

次に住所確認書類は、住民票や公共料金(水道・電気・ガスなど)の料金請求書の画像をアップロードします。
最後のクレジットカード画像は両面の写真をアップロードして完了です。

数日ほどで認証が完了するので気長に待ちましょう。

認証が完了したら、マイアカウントから出金を選びます。
出金手段は電子マネー(エコペイズ、ヴィーナスポイント、マッチベター)や銀行送金、そしてビットコインなどの仮想通貨から可能です。
これらのいずれかを選択して出金操作を行いましょう。

電子マネーの出金は、エコペイズやヴィーナスポイントのアドレスを入力し、金額を入力していきます。
そして送信すれば、出金手続きが完了です。

マッチベターの場合は、出金希望額と出金方法としてマッチベターを選択後、マッチベターに登録している電話番号を入力することで出金をすることができます。
電子マネーは比較的シンプルで分かりやすく便利な出金方法として挙げられるでしょう。

銀行送金は、金額や口座番号や銀行名、支店名以外にも国際送金の場合、国際送金のために銀行へ割り振られたSWIFTコードや銀行コード、支店名コードなど入力項目が多い傾向です。

最後の仮想通貨は金額とアドレスを入力して送信すれば完了というシンプルなものですが、アドレスを間違えると送金が永遠にされなくなってしまうので厳密に入力するようにします。

これらの手段で出金できますが、いずれもベラジョンカジノは比較的シンプルな出金方法となっています。

ベラジョンカジノでの出金のコツ

ベラジョンカジノでの出金のコツ
ベラジョンカジノの出金のコツとして、早めにアカウント認証や電子マネー決済の登録をおこなっておくことです。

早めにアカウント認証を行いましょう。
アカウント認証が行われていないと出金できませんが、出金するタイミングになって認証を行うと数日待たなければいけないことになりかねません。
また、土日などを挟むと更にその期間が延びる可能性もあります。
こういったケースもあるので、早めにアカウント認証をしておくとスムーズです。

また、電子マネーを出金で使う場合は、電子マネー側もアカウントを作っておく必要があります。
こちらも数日以上かかるものもあるため、スムーズさにこだわる場合は早めに作っておきましょう。

とにかく全体的に早めに対応させておくことで、出金がスムーズに行うことができるという点に注目してください。

ベラジョンカジノの出金で注意すべきポイント

ベラジョンカジノの出金で注意すべきポイント
ベラジョンカジノの出金で注意すべきポイントは、出金条件がクリアされているか、入力情報にミスがないか、あるいはアカウント認証が完了していないかといったことです。

出金条件がクリアされているかという点に注意しましょう。
例えば、ボーナスを受け取っていない場合は、入金額と同一金額のベットをしなければいけません。
また、ボーナスによっては賭け条件と言って受け取ったボーナス金額の数倍を遊ばなければいけないこともあります。
この条件をクリアできているかという点に注意しましょう。

入力情報のミスがあっても出金できません。
アカウント情報と身分証明などの認証時との住所が一致しない、名前が一致しないといったトラブル以外にも通貨が一致しないといったものも出金できない場合があります。

アカウント認証がされていない場合は、当然出金できません。
また認証にも住所証明は、発行が3ヶ月以内で登録で使った住所と同一のものを使用することの他、クレジットカードの場合は、画像にも注意しましょう。
具体的にはカード番号の最初の6桁と、最後の4桁以外の数字を隠してカメラで写真を撮ってください(例:1234 56XX XXXX 7654)。
また、裏面は「CVV番号(最後の3桁)以外の番号」を確認できるように写真を取りましょう。
つまり、消す部分が多いので注意してアップロードする必要があります。

オンラインカジノのソフトウェア会社にも注目

マイクロゲーミングは、1994年に創設された老舗ソフトウェア会社です。
業界でもトップクラスのゲーム数、高い信頼性・公平性、クオリティの高いゲームが特徴です。

マイクロゲーミングのゲームの特徴

マイクロゲーミングのゲームの特徴

マイクロゲーミングが取り扱っているゲームの種類は幅広く、ルーレット、スロット、バカラ、ブラックジャック、テキサス、ホールデム、パイゴウ、マネーホイールなどがあります。
ゲーム数は850種類以上にもなります。
マイクロゲーミングは映画などとコラボしたゲームを数多く作りだしており、代表的なものに「ジュラシックパーク」や「ターミネーター」があります。
マイクロゲーミングはどのゲームもグラフィックが美しいのですが、ジュラシックパークは特に美し、迫力のあるグラフィックとなっています。
音声にもこだわっており、映画で登場するセリフが使用されています。
迫力のある映像と音声でゲームを楽しめます。
映画とコラボした商品を販売するためには、信頼性と資金力が必要です。
コラボする側の信頼がなければ映画の評判が下がってしまう心配があり、また映画企業側へのマージンなどが発生するため、それなりに信頼と資金力が必要なのです。
映画とコラボしたゲームを多数開発しているマイクロゲーミングは、信頼性と資金力があるといえるでしょう。
また、スロットマシーンは何通りもの勝ち方があることが特徴で、「ジュラシックパーク」の場合は243通りもの勝ち方があります。
操作はシンプルで初心者から上級者まで満足できる作りになっています。

ライブカジノ

マイクロゲーミングのライブカジノでも遊べます。
遊べるゲームは、バカラ、ルーレット、ブラックジャックなどです。
ライブカジノは、ディーラーがカードを配ったり、ルーレットを回したりする様子を生配信映像で見られることが特徴ですが、マイクロゲーミングではディーラーがバニーガールの格好をしています。
バニーガールでないディーラーもいます。
テーブルを選ぶ際にディーラーの顔写真が表示されていて、テーブルが空いていれば好きなディーラーを選べます。
マイクロゲーミングのライブカジノは、セクシーな-衣装を着たディーラーと駆け引きすることができ、一般的なコンピューターを相手にしたゲームとは違った臨場感や楽しみを得られます。

高い信頼性

高い信頼性

公平なゲームプレイを実現させるために、オンラインカジノ運営社だけでなくソフトウェア会社も審査を受けています。
マイクロゲーミングは、マルタでライセンスを取得しています。
マルタのライセンス取得のための審査は大変厳しく、マルタでライセンスを取得しているのは高い信頼性の証です。
ライセンス取得後も不正がないか定期的にチェックされます。
また、マイクロゲーミングはeCOGRA(イーコグラ)の認定を受けています。
eCOGRAは、オンラインカジノやソフトウェアの安全性や公平性を審査する第三者機関です。
認定を受けた後には、定期的な監査があります。
eCOGRAの認定を受けているオンラインカジノやソフトウェア会社は高い信頼性があります。
さらに、ペイアウト率の公表を行っており、公平であることをプレイヤー自身の目で確かめることができます。

マイクロゲーミングで遊べるオンラインカジノ

マイクロゲーミングと提携しているオンラインカジノは数多くあります。

・ラッキーニッキー

オリジナルキャラクターが特徴的なオンラインカジノです。
マイクロゲーミングをはじめとしたソフトウェア会社のゲーム2000種類以上で遊べます。
メインキャラクターのニッキーが案内してくれるので、初心者でもプレイしやすいです。

・ラッキーデイズ

ラッキーデイズは20019年に日本で遊べるようになった比較的新しいオンラインカジノです。
遊べるゲームは1000種類以上です。

・ラッキーカジノ

マイクロゲーミングで遊べるオンラインカジノ

ラッキーカジノは、わかりやすいシンプルなゲームが特徴のオンラインカジノです。
マイクロゲーミングなど人気のゲームをインストールなしで遊ぶことができます。
パソコン版は1000種類、スマホ版は600種類のゲームを用意しています。

・ギャンボラ

マイクロゲーミングのゲームはどれも魅力的なので、遊び過ぎないように注意が必要です。
ギャンボラでは自己規制ツールが用意されており、入金制限やロス制限などを自分で設定できます。
これによって、大きく損失をしたり、遊びすぎてしまうことを防げます。

・チェリーカジノ

マイクロゲーミングなど人気のゲームをダウンロードなしで遊べます。
遊べるゲームは800種類以上です。
スマホ専用のアプリはありませんが、スマホからでも利用が可能です。
「チェリーカジノTV」では、ゲームの攻略方法や最新情報を発信しています。
マイクロゲーミングのゲームはシンプルなものが多いですが、攻略方法を知っておくとより楽しめることでしょう。

マイクロゲーミングは老舗ソフトウェア会社で、この他にもまだまだ遊べるオンラインカジノがあります。

オンラインカジノと言えばやっぱりボーナス

ボーナスの利用の仕方

ボーナスの利用の仕方

オンラインカジノにおけるボーナスチップの利用により、その立ち回りの方法によってはノーボーナスでの勝負よりかはとても優位に立つ事もあるのです。
通常このボーナスを貰った場合の優位性を以下に記載しておきます。
購入額+ボーナス額−(ボーナスの払い戻して必要である賭け数)×ゲームにおけるハウスエッジこの値が購入額と比較して大きくなれば、それだけ優位性も高くなってきます。

この様な優位性を最大限度生かす為にいつもボーナスを貰ってプレイする行為をボーナスハンティングと呼びます。
けれども近頃は、オンラインカジノにおいての最大攻略法であった、このボーナスハントは毎年その効果が小さくなってきています。
近頃はカジノサイトも、このボーナスハンティングを主体としたプレイヤー達を、ボーナスの乱用者(BonusAbuser)と言う様に識別してきており、その方達には多くのペナルティを課す時もある様です。

このペナルティには、例えばアカウント凍結や、ボーナスプロモーションの剥奪等になります。
またその様なペナルティは個々のカジノのみでは無くて、同様のソフトウェアを使用している他のカジノやグループ間でも行っている事もあります。

近頃のボーナスハンティングでの、このオンラインカジノの対処はいろいろとトラブルも出てきています。
オンラインカジノによって発生しているトラブルのおよそ7,8割はこの様なボーナスについてのトラブルになっています。

実際私も、このオンラインカジノをスタートした時はボーナスハンティングによってよく稼いでいたのです。
当初は各カジノにおいても、このボーナスハントに対してとても寛容的であって「とてもいい時代」でした。
けれども現在はこのボーナスハントはとてもリスクも高くなってきます。

カジノサイトがとても警戒心を持っているのです。
ですのでプレイヤー自身によって、定期的にこのノーボーナス購入を心掛けていないと、例えプレイヤー達に悪意が無くても乱用者扱いされる事になってきます。
当然と新規の購入者についてサインアップボーナス等を貰う事自体問題はありませんが、その後にわざとボーナスオファー時だけに購入をしているなどの行為には注意をして下さい。

ボーナスを貰いたい時は、ボーナス申請が必要な時もあります。
ボーナス受領の仕方は以下の方法になります。

ボーナスの申請の仕方

ボーナスの申請の仕方

入金後に自動的にボーナスが貰えるカジノサイトにおいて、ボーナス申請ページにより申請をするメールによって申請をするある賭け数を行う事により、自動的にボーナスの振り込みがある様々なカジノにおけるボーナスの申請方法については、カジノでの解説を参照して下さい。

そしてこのボーナスの申請後には、アカウント宛にボーナスが反映されるまでとても時間を要する事もあります。
即ボーナスが振り込まれないと言って、何回も申請をしてみたり、またカジノサイトに何回も問い合わせをする事は避けて下さい。

またボーナスを貰った時は払い戻しには条件が付与されます。
この事は個々におけるカジノの紹介ページを参照してみて下さい。

ボーナスにおける条件

ボーナスにおける条件

1.ボーナスの条件

ボーナスと言うのは、貰った後に即引き出す事は出来ないのです。
何故かと言えば、たいていのカジノにおいてはMinimumWagerRequirement(ミニマム・ウェイジャー・リクワイアメント、要するに最低の必要賭け額)などの条件の存在があるからです。

ボーナスの額と入金額との合計額の10倍分を賭けた後に、引き出しが可能になってきます。
例)$300を購入して、また$200のボーナスを貰った時の、引出し時のMWRが12倍の時は($300+$200)x12=$6000この時は、$6000の賭けによって引き出し可能になってきます。

そして自らによって入金した分の引き出しもこのカジノでは不可になります。
と言うのもそれをボーナス濫用と見做しているからなのです。
こう言うボーナス条件がありますが、たいていのカジノにおいては、高額となるボーナスがありますので、プレイヤーにしてみれば大きなプラススタートが出来ます。

ですのでこのボーナスをよく利用してみたいものです。
また近頃は、ボーナスの条件を満たせば即引き出す様なプレイヤー達が増加したので、ボーナス条件のクリア後に即引き出せば、それをボーナス濫用者と見做す事も多くなってきまた。

この様なボーナス濫用者と見做されれば、今後ボーナスが貰えなくなる事もあり、またカジノより追放される事も出てきます。
このボーナス条件をはるかに上回った後で、賭けた後に引き出すのがベストかと思います。

またデンマークでのプレイヤー達は、以前このボーナス濫用者が多かった事もあり、様々なカジノにおいて、このデンマーク達のプレイヤーによるボーナス条件が厳格になっており、デンマークでのプレイヤー達に直接名指しによってボーナス条件が指定された事もあった様です。

2.スティッキーボーナス

近頃のオンラインカジノにおいては、払い戻しの時にカジノサイトによって引かれるボーナスもあります。
この事をスティッキーボーナスと呼びます。

これらは大きな賭けをする時に、カジノより貰うボーナスの事を指し、自らのお金になる事は無いのです。
このボーナス自体引き出しはできませんが、運がよければこれらを利用して、手持ちの資金を増加させる事も可能になります。

仮に100ドルのボーナスを貰い、プレイの後にそのボーナスの払い戻し条件をクリアした後に、現金が500ドルに達した時に払い戻しをすれは、500ドル自体は払い戻しする事は出来なくて、400ドル(500ドルよりボーナス分の100ドル差し引いた分)のみの払い戻しができる事になります。

またこの400ドルを払い戻した時に、残額である100ドルも無くなるのです。

3.除外ゲーム

除外ゲームと言うのは「どんなに賭けても、ボーナスの条件クリアでないゲーム」の事を言います。
これはバカラやルーレット、またクラップス等を除外ゲームと見做しているカジノも多くなっています。

4.コンプ

本場でのラスベガスでは、ハイローラーと言う方(これは高額の賭けをしている方)等にカジノより感謝の気持ちとして、ホテル代金や食事代を無料にしたり、またカジノまでリムジンの送迎サービスをしたり、またラスベガス行の往復航空券のチケットサービス(コンプ)等があるのです。

こう言うサービスを、このオンラインカジノによってもする事が出来ないかなどの事で、あるオンラインカジノによりこのコンプの導入が行われています。
これは賭けた金額についてのお金が貰える事になってきます。
とても嬉しいですよね。