一度でも勝てば利益が出るマーチンゲール法とココモ法の違い

ギャンブルに関しては運要素が強いものも多いのですが、シンプルなルールのゲームの場合だと共通化された攻略法が有効なことも多いです。
特に特定のルールに従ってベット金額を変更や追加していくベッティングシステムは様々なギャンブルやオンラインカジノでも有効なので、活用する人も多く人気があります。
今回はオンラインカジノでも使用している人が多い、マーチンゲール法とココモ法について説明していきます。

マーチンゲール法とココモ法の共通点について

マーチンゲール法とココモ法の共通点について
マーチンゲール法とココモ法は共にベッティングシステムという、特定条件に応じて賭け金を変化させていくシステムとなっています。
他のベッティングシステムは勝ち続ける時に金額を変更するものもありますが、マーチンゲール法とココモ法は基本的に負け続ける時に利用する仕組みになっています。

ここでは簡単に述べますが、マーチンゲール法は負け続ける度にベット金額を倍にしていく攻略法であり、それをより改良したものがココモ法なのです。
ココモ法も負け続ける度にベット金額を変更してくのですが、独自のルールを用いて金額の上昇を緩やかにしているので負担が少ないのが多きな違いとなっています。

負け続ける度に倍プッシュするマーチンゲール法

負け続ける度に倍プッシュするマーチンゲール法
マーチンゲール法のルールはシンプルなものとなっており、負ける度にベット金額を倍にしていくので誰でも簡単に利用することができます。
このルールを用いることによって一度でも勝つとそれまでの損益がなくなり、理論的には利益が確実に出ることが特徴です。

このマーチンゲール法はシンプルなルールで分かりやすいものとして人気ですが、利用できるゲームが限られている点には気を付ける必要があります。
マーチンゲール法は基本的に勝率が50%で配当が2倍のものだと一度の勝利で確実に利益が出るようになっているので、複雑なゲームには利用しにくいものとなっています。
またこの勝率50%というものは独立事象のゲームの場合のみに当てはまり、前回のゲーム結果が次回のゲームの結果に左右されない種類のゲームであることも必要です。

これら独立事象のゲームかつ勝率が50%のゲームとしてはルーレットやバカラが当てはまります。
ランドカジノでもオンラインカジノでもこれらのゲームならばマーチンゲール法は有効な攻略法ですが、賭け金が負ける度にどんどん増えていくので、軍資金の量には注意しないといけません。
また軍資金を多く用意しても、カジノゲームのマックスベットという賭け金の上限に引っかかるケースも稀にあるので、引き際を考えて活用するのが大切です。

賭け金の上昇が緩やかなココモ法

賭け金の上昇が緩やかなココモ法
上述のように負け続ける度に賭け金が倍額になってくるマーチンゲール法は、賭け金の上限であるマックスベットに引っかかるリスクがあります。
このリスクを改善したものがココモ法であり、負けた際のベットの増やし方が独特なルールに変更されています。

ココモ法では負けた場合には前々回と前回のベット金額を加算したものを賭けるというルールになっており、これによって賭け金の上昇が緩やかになっています。
初回と2回目は最低ユニット分を賭けるようになっており、3回目以降は前々回と前回のベット金額を加算してこれを賭けます。
もし勝った場合にはココモ法をリセットしてもう一度最初からやり直すのですが、3回目以降も負けた場合には上述のルールに従ってベット金額を増やしていきます。
例えば3回目は1+1で2ユニットの賭け金になりますし、ここで負けて4回目のベットをする際には2回目の1ユニットと3回目の2ユニットを加算した3ユニットを賭けます。

ココモ法はマーチンゲール法と違ってベット金額の上昇が緩やかなのが特徴であり、連敗が続くほど勝利した時の利益が高くなります。
マーチンゲール法と同じように一度でも勝利すれば利益が確定するので利用しやすいのですが、ココモ法はマーチンゲール法と違って3倍配当のゲームにしか利用できません。
マーチンゲール法は独立事象のルーレットやバカラの2倍配当のゲームで利用可能でしたが、ココモ法3倍配当があるルーレットで利用可能なので使い分ける必要が出てきます。

賭け金上昇が緩やかという点が最大の特徴であり、ココモ法はマーチンゲール法と違って長く続けることが可能ですが、3倍配当ゲームで利用するので勝率自体は低い点にも注意しましょう。
マーチンゲール法よりもリスクは低いのですがその分勝率も低いために、連敗が続いたら損切りとして撤退することもココモ法では大切になります。
幸いマーチンゲール法と違って賭け金の上昇が緩やかなので、損切りの負担も少ないのは大きなメリットでしょう。

一度でも勝てば利益が出るマーチンゲール法とココモ法

ギャンブルのベッティングシステムとしては共通して負けた時に金額を増やすのが、マーチンゲール法とココモ法です。
マーチンゲール法は独立事象で2倍配当のゲームで利用可能であり、ココモ法は独立事象で3倍配当のゲームで利用可能です。
シンプルな攻略法なので初心者でもオンラインカジノでも簡単に活用できますが、負けが込んだ時には撤退ラインを考えることも大切な攻略法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です